【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

エンドラインストーリーPart1

みなさん、初めまして。

私はエンドライン株式会社の代表をしています山本啓一と申します。

私達は「不動産会社やお店向けに屋外広告を通じて集客UPをお手伝いする会社」です。

エンドラインと言う会社がどのような会社か?を是非皆様に分かって頂ければ幸いと思いまして筆をとりました。

エンドライン株式会社は2004年9月29日に福岡市南区若久のワンルームマンションで個人創業しました。

中古の机と椅子。
家庭用の電話機1つとなけなしのお金で買ったMac。

本当に小さな小さなスタートでした。

お金が本当に無かったので満足な営業ツールも作れず
自らの「飛込み営業」と「電話営業」だけで新規のお客様を開拓していこうと思いました。

とにかく早朝から深夜まで頑張りました。

創業時はお客様にも取引先にも不利な条件を提示されて本当に苦しい思いもしました。

創業して3か月目には100万ほど貸し倒れ2004年12月31日の年越し時点で通帳に3,000円ほどしかお金が入ってませんでした。

しかし、日々の飛び込み営業や電話営業が実を結び、優良なお客様にも恵まれ
2年後には年商は1億を超えてました。

創業3年間は非常に順風満帆でしたので
営業マンも増員して、もっと売り上げを増やすぞ!と思いました。

しかし、営業を入れても入れても
なぜか1億2000万円ほどで売り上げがパッタリ!止まるのです。

続きは次回・・・。

※只今、経営幹部候補募集中。詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エンドラインストーリーPart1
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト