【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

なぜ企業は成長すべきか?

私は、朝礼などで「成長しよう!」という言葉を使います。

では、なぜ「成長」しないといけないのか?

ちょっと哲学的な話ですが。。。

結論から言うと
私は成長と貢献は1セットだと思っています。

分かりやすくちょっと簡単な事例を・・。

新卒1年目の営業マンと10年選手のTOP営業マン。

この2人が顧客の悩みを解決しようと思ったら
どちらが良い解決策を提案できるでしょうか?

例えば
医学を学んでいる大学生と東大名誉教授の医者。

この2人が患者を治そうと思ったら、どちらが
治る確率高いでしょうか?

もうお分かりですよね。

もちろんTOP営業マンであり、東大名誉教授だと思います。

それは「成長した人間」だからです。

成長した人間は、「貢献度」が高まります。

何も学ばず、何も乗り越えた事がない人間は
社会に対しての貢献度が低い。

成長する人のほうが「貢献度」が高いのです。

では、なぜ貢献するのか?

これはそれぞれの価値観があると思いますが
私は「自分のためにやりなさい」と教えています。

それは自己中心的なものではなく、自分のhappyのために貢献してほしい。と。

自分のhappyは「モノ」「ココロ」の両方があります

「モノ」はお金・車・家など
「ココロ」は人生を豊かに生きる思考・器など。

一番いいのは「自分もhappy、相手もhappy」

相手だけhappy、自分はunhappyはダメ。

その逆も然り。

なので、「成長=貢献=自分のhappy」と考えています。

なので企業も人も成長していくべきだと思っています。

この考えが合っているとか、間違っているとかではなく
私の人生の価値観なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - なぜ企業は成長すべきか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト