【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

ベンチャー・零細企業に必要な人財と評価方法

ベンチャー・零細企業に必要な人財ってどんな人でしょう?

ちょっと毒舌に本音で!(^^)!

私は
「素直にはい!と言って実行する人」
「前向きで明るく元気な人」
「相性の合う人」
かなあと思います。

もちろん「スキルがある」とか「知識がある」とかも必要ですが
それ以前に人間的な性格の問題があります。

では、一つずつ。
「素直にはいと言って実行する人」ですが、ただでさえ経営者はストレスまみれなのに
指示したことをやらなかったり、反発したりすると「面倒臭く」なります。

なぜ指示したことをやってほしいのか?

「経営者」と「社員」のレベル差を数値にすると「100対30」くらいかと思います。

真面目に学んでいる経営者ならもっと差があるかな・・。

ですので、粗方考えていることに間違いは少ないです。

であるならば「考えて出た作戦に忠実に実行してくれる社員」が必要ですね。

反発はいりません。意見は必要ですが。

次に「前向きで明るく元気な人」
もう言わずもがな。ですね。

暗く後ろ向きな元気のない人と仕事したくありません(笑)

能書きではなく、生理的に。

最後に一番大事。「相性の合う人」
私はこれを最大の評価基準にしています。

零細企業で評価制度などまともに運用できるところ少ないでしょう。
※コンサルは違う事いいますが、10人以下で評価制度をがっつり作成すると成長を阻害します

ならば社長にとって良い意味で一番都合の良い人、ストレス溜めない人を
引き揚げ昇進させた方がいいと思います。

社員が数十名超えてきたら話は別ですが、20名まではこんな感じがベストですね。

で、こういう考え方を朝礼やブログで書いた方がいいです。

「もし、それで嫌になって人が辞めたら??」

それが相性が合わないという事なんです!(^^)!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ベンチャー・零細企業に必要な人財と評価方法
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト