【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

社内体制を急変革して良かった!と思う今日この頃。

今年3月から、取締役を入れて、4月に営業の社員さん2名を入れました。

 

理由は、10年経営を続けてきて、組織を作れなかった事です。

 

 

バスケットのプロ2リーグ問題で川渕チェアマンがTVでこう言っていました。

 

「たったの5か月と言う期間しかなくて、改革できるのか?と思ったけど、やってみて5か月で良かった。
期間が2年だったら逆にいろいろ考えて無理だった」

 

 

 

変化をもたらす時は一気にやった方がいい!と私も思います。

 

長い期間をかけて物事を変える理由はただ一つ。

 

「自分が変わりたくないか?変わりたくない人を守るためか?」

 

 

会社で言えば
「社長が変わりたくないか?変わりたくない社員を守るためか?」

 

 

起業して10年間、「来年にはこうのようにやっていこう」と思い続け
変われなかった私。

 

「いつか経営陣が育成できるだろう」と言って出来なかった10年。

 

98ea4a1e172242f42e825bd9c39f3c76_l

 

 

2月には急変革しようと社員に話、現在社内の組織体制(といっても少ない人数ですが)
は大幅に変わりました。

 

 

部署移動もやっています。

 

 

そうすることにより、私の現場時間が大幅に減り、未来を創る仕事にパワーを充填できるようになっています。

 

 

現在は韓国で採用活動で来ているのも、取締役以下社員のおかげ。

 

 

現場に追われていたら出来ない事が出来るようになり、ストレスが減り、エネルギーが高まっている感じです。

 

 

何より苦しみながら大幅な変化についてきてくれている既存社員には感謝しています。

 

 

また新しい風を吹かしてくれている取締役、営業社員にも感謝しています。

 

 

今年の前半はしっかりした組織作り、後半に追い込みをかけれる予定です。

 

 

社内体制を急変革して良かった!と思う今日この頃です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社内体制を急変革して良かった!と思う今日この頃。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト