【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

成功する採用その2

さて、前回の続き。

今年は、新卒採用の選考フロー変えて、良い学生が集まってきてくれています。

STEP2
「2次面接は女性社員の面接とSPI」
という非常にオーソドックスな面接を行います。

 

結構シビアに突っ込んで質問しています 汗
エンドラインではここが一番普通の面接かもしれませんね。

 

 

あと、SPIも「我が社に合う理想のSPI」を作成していて、そこに合致しているかどうか?を見ています。

 

よく見る部分は
・地頭が良いかどうか?理想は50以上
・負けず嫌いかどうか?
・挑戦的風土が好きかどうか?
を見ますね。

660c38a92a55fbe913cba13338cf8f45_s

 

 

 

STEP3

「疑似会社体験」
ここでは、朝8時半に会社に来ていただき、「掃除」「朝礼」を一緒に行います。
学生さんに「説明会から2次面接までの話と一致する会社かどうか?」見てもらいます。
逆に、私たちも学生さんの話が一致しているかどうか?を見ます。

 

3次面接の醍醐味は「実際にお客様の所へ営業同行する」事です。
学生さんからすると、エンドラインの営業スタイルが分かります。
また、実際にお客様の打ち合わせに同行できるので良い社会経験になります。

 

午前中に帰社したら、また別の社員とざっくばらんな「日常トーク面接」を行います。
気軽に日常的会話で価値観を確かめます。

 

お昼は、代表の私と食事をします。

 

一緒に食事をして「嫌なじゃいか?」を確認します。

 

ちょっと変な言い方ですが。。。

食事と言うのは非常に分かりやすく、マナー等ではなく
「生理的な部分」の合意を再度私が確かめます。

 

14時頃に3次面接は終了です。

 

そして、今年から4次面接が加わりました。

 

これは今まで一切公にしなかったのですが、○○を行います。

 

これはまだ選考中なので秘密です。

 

 

エンドラインの選考は一貫して「日常の価値観」を見ていきます。

 

入社して、ミスマッチを起こすのは、「日常での価値観がずれるから」です。

 

学生さんは面接用に自分を飾ります。
同じように企業も面接用に飾ります。

それれを極力なくした選考フローになっています。

似たような人はいらないです。本質的価値観は似ているが、個性多様な人材とお仕事していきたいと思います。

 

当社の選考フローは「事前対応策」が出来ない様にしています(^^♪

 

ご興味ある方はこちらよりご応募くださいね。
https://job.rikunabi.com/2017/company/top/m299800001/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 成功する採用その2
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト