【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

あと少し、もう少し

会社としてのポジションを少しづつ変えてきて、ここ最近「成果の芽」が出てきたように思います。

 

理由は、私ではなくても社員でも戦える武器(商品やビジネスモデル)が増えてきたことです。

 

 

元々は「単なるのぼり屋」さんでした。

 

 

「安い」「早い」しか差別化はありませんでした。

 

 

そして「看板」を手掛け、「販促ツール・ノベルティツール」を手掛けました。

 

 

そこでも「安い」「早い」しかありませんでした。

 

 

が、最近は「アナログ媒体の効果を出す」というポジションを獲得しつつあります。

 

 

今後は「ITツールをクロスしてO2Oでの売上支援会社」のポジションを獲得していきます。

 

 

私たちのMISSIONは「つたわるメディア、つながる笑顔、広がる元気ネットワーク!」というキャッチコピーで表しています。

 

効果のある面白い「価値あるメディア 」(看板・販促ツール・IT) をお客様に提供しよう!
お客様の売上が上がり、喜んでいただき笑顔になって頂こう!
その結果、お客様に感謝され「ありがとう!」を頂け、私達も笑顔になります。
その笑顔がつながり、エンドライン起点の「元気ネットワーク」を福岡、九州、日本中に広げよう!
というMISSIONです。

 

 

我々が扱っている広告は費用対効果が高くないと意味がありません。

 

広告は「売上UP」をする為のものなのに、多くの同業者はその効果よりも「安い」「早い」という副次的な差別化ばかりを言っています。

 

私たちはそこにメスを入れていきたい。

 

 

昨年から開始しているのは「看板設置前」や「広告作成前」にヒートマップ等を使って
ご提案を行い、視認効果があるのかどうか?を仮説を立てています。
http://fukuoka-kanban.com/kagaku
http://www.endline.jp/kagaku

 

 

このようなご提案を行うことにより、お客様からの相談内容も変わっていっています。

 

top

 

 

突き抜けるまでまだまだいろいろな壁があるとは思いますが、同業他社の様に「安い」「早い」を言わなくて済むようになりました。
※が、実際は「海外生産で安い」「国内生産で早い」を実現しています(^^;)

 

「あと少し、もう少し」

 

 

もうちょっと頑張れば違うステージに行けるかも。そんな予感がしています。

 

その原動力は先ほどのMISSIONなのです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あと少し、もう少し
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト