【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

副業禁止をやめる

今月より「副業禁止」を止めました。

 

つまり、「本業に差支えなかったら副業していいよ」という事です。

 

 

日本の85%の企業は「副業禁止」にしているみたいですが。。。

 

 

うちはそういう条項は特に無かったのですが、改めて「本業に差支えなければ副業していいよ」を言いました。

 

 

更に、きっかけがあり、5月から社員数名に副業を斡旋したのです。

 

 

副業なので会社の利益は何もなく、本人たちの収入が少し増えると思います。

※これは勉強にもなると思い敢えて斡旋しました

 

 

さて、今回なぜ「副業解禁」にしたのか?と言いますと、メリットも多々あるなあ~と思ったからです。

 

 

メリットは

・会社を辞めたい理由に良くある「他業界や他社を見たいから」を防ぐ。副業で見ればいい。
・単純に社員の収入が増える。生活に余裕が出来る。
・見識・人脈が広がり、結果本業にプラスになる(モチベーション・社員成長)
そして、そもそも社員は奴隷じゃない。私も副業禁止と言われるといやだろうな~と思います。

 

c32b29dda9693b23a7bbe8761e5020eb_s

 

 

反面デメリットは
・本業が疎かになる
・他社への転職意欲が増す
・情報漏洩

 

などが考えられます。

 

 

これに関しては、実は会社の中でしっかり軸が出来たので「副業解禁」に踏み切れたと思います。何もなければ、そういう話も出来なかったと思います。
「本業が疎かになる」に関してですが、実は今期よりあしたのチームさんで成長する人事評価制度「エンドラインワークスタイル」を導入したので、自分で立てた目標をやらないと、役職や給与の変動がある仕組みになっています。これは上振れも下振れもしますので、本業を疎かにすると、評価が下がっていきます。結果給与も下がります。

 

 

 

「他社への転職意欲が増す」に関しては、昔より経営理念やMISSION・VISIONが社内に共有出来ているので、お互い信頼できていると思います。万が一どうしても他社や他業界が良いというなら、それはそれで仕方ないです。私もいろんな人生歩んできましたから、正解なんてないですしね。

 

 

 

「情報漏洩」は今後対策しようと思いますが、まだ社員が少なく、顔が見えるのであまり心配はしていません。

 

 

 

という事で、「良きも悪きも自分に返ってくる仕組みがあるから、土日副業しても本業が疎かにならなければOK。副業の見識が本業に活かせるようになればエンドラインの成長にもなる。」と結論付けました。

 

 

そして、何よりエンドラインのVISION「エンドライングループは働きたい会社世界一を獲得します!」の実現に向けて会社運営を行っていますから。

 

但し、入社数年未満は禁止した方がいいかもしれませんね。まだ副業するレベルに無いと思いますしね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 副業禁止をやめる
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト