【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

「儲かる仕事」と「儲からない仕事」

遅ればせながら世の中には「儲かる仕事」「儲からない仕事」があると分かりました。

 

別に知らなかったわけではないですが、改めて論理的に分かってきたかなと。

 

企業経営の物差しは「売上高」ではなく、「1名あたりの粗利益額」「1名あたり経常利益」で測らなければいけません。
※銀行は未だに売上の伸び見たりするから古いね。

 

売上10億 粗利益額3億 社員60名だと1名あたり粗利が500万円

売上5億 粗利益額2.5億 社員10名だと1名あたり粗利が2,500万円

 

 

世の中では前者の「売上10億」が持て囃されますが、実際は後者の方が優良企業です。

 

 

 

 

社員数が多いとかも全く意味がないと思っています。

 

 

最近はクラウドソーシングやアウトソースの環境が整っているので、社員がする仕事はそんなに多くはありません。

 

社員はコアスキルのみに専念させて、あとはアウトソースやクラウドワーカーで問題ありませんね。

 

社員は固定費なので切れませんが、アウトソースやクラウドワーカーはいつもで終わらせます。

広告も同じような考えですね。いつでも切る事が出来ます。

 

 

エンドラインのコアは「マーケティング力」「営業力」「デザイン力」です。

それ以外はうちがやる仕事ではありません。

 

 

「製造」「出荷」「その他雑務」
出来れば事務関係は丸ごとアウトソースしたいくらいです。

 

 

ちょっと話はずれましたが、「儲かる仕事」と「儲からない仕事」で言うと
私がやっていた「看板工事」は最高に儲からない仕事です。

 

理由は
低単価なのに人が動き過ぎる。打ち合わせに時間がかかりすぎる。そして何より「工事仕事なのか?」「集客サポートの仕事なのか?」中途半端なんですよ。

 

職人は前者が出来ない
私達の様な広告会社は後者が出来ない。

 

 

新規の看板施工をやめて、売上はガンガン上がっています。

 

「看板屋」は今のままでは儲からない仕事ですね。

 

私は看板屋でも儲かる仕組みは知っていますが、次のステップでそれをビジネス化したいと思っています。

 

業界的にも良くしないといけないとも思っていますから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「儲かる仕事」と「儲からない仕事」
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト