【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

社員が1名でもいれば組織である

昨日、グロービス東京校でVMP3コマ授業を受けてきました。
※VMPについてはこちら

経営で一番大事なことは「顧客開拓」という事は間違いない事実ですが、最近は「組織マネジメント」も重要だと思っています。

 

崩壊する会社の多くは、必ず内部崩壊です。

 

もちろん、顧客からしか売上は立たないのですが、その売上をアップさせるためには「良い組織」が必要になります。

 

弊社も評価制度に投資をしたのですが、いろいろな人から「なぜ今?」と言われました。
おそらく会社が小さいので「マーケティング投資が先だろう」と言う解釈をしたと思うのですが
私は「組織投資」の方が先だと思っています。

 

数年前まで人がどんどん辞めていましたが、組織投資(評価制度など)をしてからは辞めていません。

 

 

 

VMPでもこれだけ変化の速い時代ではトップの「ポジションパワー」だけでは厳しいと教えていました。

 

全員経営と言うと聞こえはいいですが、少なくとも現場で起きている事に関して「事実」と「解釈」(改善提案)の両方を速やかに上げることが重要です。

 

社員が1名でも社長が知らない事はたくさんあります。

 

やっかいなのは組織論は本を読んでも他人の話を聞いても、自社にそのまま落とし込むのが難しいのです。
それは企業は「社長の性格」や「生き方」が反映されているので、自社にカスタマイズしないと落とし込めないですね。

 

今後はマーケティング以上に組織と人材について、学んでいこうと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社員が1名でもいれば組織である
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト