【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

全てはストーリー

今年もあとわずかですね。

 

今年のお礼はまた明日にでもブログ書くのでとりあえず置いといて。

 

 

先々月に白夜書房様のWEBメディア「ミライのアイデア」に取材され掲載されました。

 

 

元・お笑い芸人はなぜ「のぼり屋」になったのか?(前編)――集客のマンネリを解消する「のぼり旗」のヒミツ

 

 

元・お笑い芸人はなぜ「のぼり屋」になったのか?(後編)――たった1つの個性のつくり方

 

 

是非ご覧いただきたいのですが、今の時代会社も個人も大事な事は「ストーリー性」だと思います。

 

 

同じような商品、同じような会社がある中で、差別化するのはとても難しいですね。

 

 

なので、体験に基づいたストーリーで商品と紐づけてブランディングして行く事が重要です。

 

 

営業もマーケティングも一貫してストーリーが大事です。

 

 

今年も残り1日です。

 

 

自分を見つめどんなストーリーがあるのか?深掘ってみてはいかがですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 全てはストーリー
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト