【偶然の出会いを演出するのぼり旗に命をかける】福岡のエンドライン社長山本啓一blog

カテゴリー別アーカイブ: 理念・哲学

社長の哲学が全て

久々のブログです。(と言っても20日ぶり??)

 

 

最近は自分の哲学や思考を深める時間をとる事が多くなりました。

 

 

多忙な中、そういう機会や時間を自ら作ったりしています。

 

 

経営するって、結局のところ「社長の哲学がどうか」「社長の思想がどうか」に行きつきます。

 

 

昔はこのような事を考えたこともなかったのですが。

 

 

 

マーケティングや営業は社員にお願いする仕事で、社長は哲学を深め組織をどのように導くか?が仕事です。

 

 

社長の哲学一つで、企業文化が変わり、組織が変わります。

 

 

現在の私は企業(社員も)の成長は求めていますが、必要以上の規模は求めていません。

 

 

私がやりたい(will)、できる(can)は、まずは30人程度。

 

 

30人で1名あたり粗利益を最低1,500万円。つまり年間粗利益4億5,000万円。

 

 

そうするとかなりの利益が残ります。

 

そして少しづつでも給与を上げます。

 

 

なぜなら、私が経営する目的は「社員の幸せ」が一番だからです。
それが経営哲学の根幹です。

 

 

伊那食品工業の「社員の幸せのため」にはとても参考になります。

 

 

現状の当社は、社員が満足できる給与ではないと思っています。

 

 

ですが、ここ1年で「人事評価制度の導入」「交通費のアップ」「初任給のアップ」と内部環境を良くしています。

 

 

今後も少しでも1名あたり粗利益を上げて、成長環境や給与・福利厚生を毎年アップさせていきます。

 

 

経営哲学を軸に良い会社を作ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社長の哲学が全て
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 理念・哲学

事業理念の作成意義

当社は熱い企業理念やビジョンを持っていますが、この度「事業理念」を作りました(パッと簡単に出来たわけじゃないですよ!無茶苦茶考えました。)

 

 

企業理念やビジョンはあくまで「経営側」に近い話です。
それを社員に浸透・共有するわけですが、事業理念は、事業そのものの理念なので、事業が複数あればそれだけの事業理念が作成されます。

 

事業理念とは、それを見れば「当社は何屋で、だれに何を売っているのか?」が分かるものでなくてはいけません。

 

 

今まで、企業理念やビジョン・ミッションを語る事は多かったですが、売上目標を達成するためには今後は「事業理念」も語っていきます。

 

当社の事業理念ですが


販促でお悩みの法人様に、偶然の出会いを演出する販促物を「低価格」×「手間なく」×「安心」を差別化とし「ジョウホウ」「モノ」そして「成果」を提供する。

 

【解説】
当社は、創業より販促事業を通じて、売上支援と言う価値を提供してまいりました。効果のある「販促物」でご縁を繋ぎあう、「販促物で」でエンドユーザー様と店舗様の偶然の出会いを演出する。「販促の良質な情報」をお届けする。これが当社の事業意義です。

また、販促物を「低価格」「手間なく」「安心」を差別化としてお客様にお届けします。
価格を下げる事によるコスト削減、手間がない事による管理コストの削減、安心を提供する事により、物の安定供給・ご担当者様の心理的負担を無くします。結果、お客様の時短も実現しています。

今後も「売上支援」と「コスト削減」の両方を実現するべき日々、向上に努めております。


 

という内容です。

意識的に長めな文章にしています。

 

 

事業理念を社員に伝えれば
・ターゲット→販促でお悩みの法人様(戦略部分では年商5億以上×九州・関東とブレイクダウンしています)
・商品→偶然の出会いを演出する販促物(現在はのぼり旗に絞っています)
・提供するもの→のぼりなどの商品そのもの・役立つ販促情報
・差別化→「低価格」「手間なく」「安心」

 

が理解できるようにしています。

 

会社の理念だけでは、どうしてもぼんやりしてしまうので、事業理念を作成して事業に対してすっきりしています。

 
ただし、あくまで企業理念・ビジョン・ミッションとの整合性は必要です。

 

 

事業理念はそこから枝葉の話ですので。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事業理念の作成意義
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 理念・哲学

エンドラインが作り上げる世界

土曜日から日曜日にかけて長崎県平戸市に行ってきました。

 

 

 

 

東京より数名の経営者が来られるという事でしたので、同じ時間を共有して自己成長する為です。

 

 

 

経営者にもピンキリあると思いますが、いわゆる大成功していると定義して間違いない方々です(お名前は伏せます)

 

 

 

 

成功者が来ているから同行しよう。みたいな軽いノリではありません。むしろ軽いノリではそこには行けません。

 

 

 

私なりに課題を持って、その質問もたくさんしたくて、、、

 

 

 

そして何よりどのような思考をしているのか知りたくて行きました。

 

 

 

結論から言うと、起業してはじめて、全てハンマーで打ち砕かれました。

 

 

 

良い意味で心の垢みたいなものが取れましたね。凄くスッキリしたと言うか。

 

 

 

 

どんな道を生きるにしても、その道を徹底的に突き詰めなければいけない。

 

 

どんな事業をやるにしても、どんな人生を生きるにしてもその選択の良い悪いではなく、哲学持って、大義を持って突き進む。
そう学びました。

 

 

 

文字にすると「なあんだ」となります。本を読めばセミナーに行けばこのような言葉は出てくるでしょう。

 

 

 

 

 

しかし、直接に同じ空間で話をするとなると価値が全く違います。胸に突き刺さる言葉ばかりです。

 

 

 

 

 

あらためて、大義は何か?なぜその事業を選択しているのか?そして事業でどのような世界観を作っていくのか?を深く考えるきっかけになりました。

 

 

 

 

考えるだけではなく、行動に移します。年齢的に時間がありません。
焦るのではなく最速で実現していきます。

 

 

 

 

エンドラインが作り上げる世界。実現します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エンドラインが作り上げる世界
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 理念・哲学

エンドラインの事業価値は何か?

当社エンドライン株式会社は、福岡の小さなのぼり屋さんです。

 

周りのベンチャー企業に比べて、どでかい社会的課題解決をビジネスとしているわけではありません。

 

結構その辺りがコンプレックスで深く考えていたのですが、ここ最近すっきりしました。

 

少し前の・・とある方の講演の話。

 

上場する企業には大きく分けて3つの価値がある。
1、社会課題の解決を行う企業
これはバイオや製薬、ソーシャルベンチャーなど社会の大きな困りごとを解決していく企業です。
エンドラインはこれではないなと。

 

2、グローバルで活躍する又は活躍しそうな企業
ユニクロやソフトバンクなどこのグループに入るのでしょう。当社も世界には出たいですがまだ早い。
いずれはですが、まだ基盤が弱すぎます。

 

では、エンドラインの価値って何だろうと考えたとき、最後の3つ目が出るんですね。

 

 

3、1、2どちらでもないが顧客のニーズを着実に拾っていく企業
そう。
これです。
これをやります。

 

派手じゃないけどしっかり顧客のニーズを拾う企業。まずはそこを徹底的にやりきります。
既に事業の再構築は行っていて、看板施工関連は新規客の受注を完全停止にしました。(既存のお客様はやりますよ!納品物もやります!)

 

工事関係って私たちのコアの強みではないです。またやるべきではないです。

 

私たちが一番貢献できるのは創業商品の「のぼり旗」です。

 

顧客のニーズは何か?徹底的に調査して勝てると思ったので、再度のぼり旗で日本制覇します。

 

そのあとは世界に出ます。

 

そして最後に、社会課題の解決を行うメガベンチャーになります。

 

そこまで、しっかり頭の中で見えてます。

 

まずは「顧客のニーズを着実に捉え」5年で10億の売上をたたき出します。

 

そして、哲学である社員のhappyを実現します。

 

私にとっては、大きな社会課題の解決より、小さいけれど目の前の社員を幸せにすることの方が大事です

※弊社の幸せの定義は「成長環境」「経済的な還元」の事です。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エンドラインの事業価値は何か?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]