【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 理念・哲学

自我を捨てて、社員に、顧客に、合わせてみる

2018年11月の粗利益は創業以来の最高益でした。

 

「売上は全てを癒す。」という名言がありますが、まさにそう思います。

 

 

売上が上がればおおよその問題は解決します。
売上が上がれば社長も優しくなるし、社員もやっていて楽しい。
やった事が成果につながる事が一番のやりがいですね。

 

 

今年は、事業をミニピボットしていて、看板設置の新規受注を停止しました。
理由は以前ブログで書いたのですが、3割の売上があった商材です。

 

 

看板設置の売上構成比率は
昨年11月 27%
今年8月  22%
今年11月 19%
と狙った通り減少しています。

 

 

正直この意思決定をしたのが2018年1月。
今年の売上は相当厳しく、大赤字を出すだろうなと思っていました。

 

ふたを開けると、微増ではありますが増収増益です。

 

 

良い意味の大誤算でした。

 

更に全体における私の売上比率が
昨年11月 33%
今年5月  22%
今年8月  14%
今年11月 7%
と現場関与が減っています。

 

最近は仕組が稼働しつつあります。もちろん社員の頑張りも。

 

 

私は、1月に出展する展示会の準備と来期の経営計画書・ビジネスモデルを作成しています。

 

 

 

最近は、「人に任せる」事が少しできるようになってきました。
そして、些細な事は極力目をつぶり、ミスするとわかっていても任せるようになりました。
それも社員の学びなのかなと。

 

 

また、意見がかなり出るようになり、それを実行してくれるまで育ってきました。

 

 

意見は極力受け入れるようにします。
私の年齢で考えたアイデアだけでは古いと思いますし、時代に取り残されてしまいます。

 

 

社員に合わせる事を意識して実行しています。

 

 

 

顧客に対しては、今さらながらですが「顧客の課題」を真剣に考えています。
今までは「のぼりをどう売るか?」「マーケティングどうするか?営業は?」と主語が「私」になっていましたが、あたりまえですが、商売は「顧客の課題」を解決する事ですね。

 

 

 

 

私が売りたい商品ではなく、顧客の悩みを解決できる商品・サービスを提供できるようになりました。こちらも顧客に合わせていきます。

 

 

 

その中で、会社の価値・ブランディングも一気に「元芸人社長がおもしろい、目を引くユニークなのぼり旗でROIを最大化します(広告の費用対効果を改善)」となっています。
安く早く売るだけのこの業界に一石を投じます。

 

 

一例を挙げるとこんな感じです↓

四コマのぼりDM (1)

 

 

 

 

 

 

 

同業他社とは一線を引いていきます。

 

 

 

来期はもっともっと「顧客の課題を解決する商品・サービス」をリリースしていきます。

 

 

 

まずは1月末の決算まで、頑張ります!

 

 

※弊社で働きたい!と少しでも思っている方はこちらよりどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自我を捨てて、社員に、顧客に、合わせてみる
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 理念・哲学

塞翁が馬

最近は忙しくなかなかブログ更新できてません。

 

 

ブログはSNSと違いずっと残るのでしっかり書きたいなと思って腰が重くなっています(いいわけですね・・)

 

さて、皆さんは塞翁が馬と言う諺をご存知でしょうか?

 

 


 

国境のとりで(塞さい)の近くに住んでいた老人(翁おう)は飼っている馬に逃げられるという不運にあったが、やがてその馬が別のりっぱな馬をつれて帰ってくるという幸運となった。

 

 

ところが、今度はそのりっぱな馬に乗っていた老人の息子が馬から落ちて足の骨を折るという不運になった。

 

 

人々はその不運を同情したが、やがて今度は戦争が起こり若い人はみんな兵隊に連れて行かれ、死んでしまったのに、老人の息子は骨折のおかげで戦争に行かずに助かるという幸運となった。

 

 

このことから、不運が幸運になったり、幸運が不運になったりするため、人生は予測できないというこの語が出来た。

 

知識の泉より抜粋

 


8546417bee3ff4852ee6818f2b593335_s

 

 

 

 

私は実体験として以下のようなことが多々あります。

 

お笑い芸人としては全く芽が出ませんでした。テレビやラジオに出たい出たい!と思いながらも、全く叶わず。

 
その夢をあきらめて、経営者になると「元お笑い芸人の社長」として、年数回テレビの取材が入ります。これってどの道が正解だったの?

 

 

 

最近では左ひざの手術を行いました。1か月間の入院を余儀なくされたのですが、その分死ぬほど考える時間が出来たりしました。また1か月会社を空けても回るくらい社員の成長がありました。

 

 

 

つまり、物事は常に両面あるという事です。

 

 

 

 

何が良くて何が良くないかなど、切り取る事なんて出来ないのです。

 

 

 

 

全ては両面あるという事です。

 

 

 

 

ちなみに11月は創業以来最高粗利益をたたき出しています。

 

 

 

 

これって喜ぶべき事なのですが、「塞翁が馬」を考えるとそこには必ずリスクが潜んでいます。

 

 

 

例えば、「浮ついて大きなクレームが起きる」など良い例でしょう。

 

 

 

 

世の中に100%良い状態もなければ、100%悪い状態もない。

 

 

 

常に「塞翁が馬」の諺通りなので、50/50なのでしょうね。

 

 

 

そう考えると、「平常心」でいられますね。

 

 

 

一喜一憂せず粛々とやっていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 塞翁が馬
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 理念・哲学

経営者はどれだけ腹をくくれるか?

14年経営していて、反省することがあります。

 

それは「勝負をしてこなかったな~」と。

 

様々な気づきにより、そう思ったのですが、経営者は時として会社のリソース全てぶっこんで「勝負と決断」をする時が必要です。

 

当社は今まさに勝負をしている時期で、売上を倍増させるために、ヒトモノカネをぶっこんでいってます。

安全なゾーンだけで仕事をして

いたのでは、リターンもぼちぼちです。

 

そういう想いで起業したわけではありません。

 

ベンチャーらしく勝負をします。

e3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_s

 

 

ただ、目算のない闇雲な勝負ではなく、勝ち目はある勝負。

 

経営とは洗練されたビジネスモデルやアイデアではなく、最後は経営者の腹の括り方が生死を分けます。

 

今は、腹を括りガンガン投資をしています。

 

エンドラインのコーポーレートサイトはコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 経営者はどれだけ腹をくくれるか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 理念・哲学

経営とは自分の哲学そのもの

創業して15年も経つと、著名な経営者が言っている哲学めいた経営学の意味が分かり始めてきました。

 

正直、営業とかマーケティングとかWEB集客とかは社長の仕事ではないな~と思います。(TOP営業は別)

 

経営者は自己内対話をする時間を作り、自己の哲学を深め、進化させなければいけません。

 

 

経営理念は社長の内なる哲学からあふれ出してきたものであり、一度作成して終わりではなく
経営者の進化と共にマイナーチェンジが必要になります。

 

そこから戦略が出来て、組織が動きます。

 

創業者の哲学がなければ、良い会社は出来ません。

 

そして、社長は自責である事。

 

悪い社風や悪い社員には、悪い考えの社長の哲があるはずです。

 

 

自分の心の奥深くにしか答えはない。そう思っています。

 

 

社長の哲学が理念になり、VISIONになり、ビジネスモデルになり、営業トークになります。

 

 

極論、社長がやるべきことは1にも2にも哲学を深め、くどいくらいに社員に発信する事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 経営とは自分の哲学そのもの
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]