【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

月別アーカイブ: 2013年4月

あめだま

わが社では、会社にこのようなものを置いています!

会社のMISSIONから出来た「副産物」です(笑)

是非ご来社くださいね。

ご興味あれば下記が弊社WEBサイトです!↓


わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

不動産会社様向けメルマガはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あめだま
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2013年4月

社員共(教)育

大企業と中小企業の違い。

それは何でしょうか?

一番は社長のレベルの違いでしょうね。

器の違い。

間違いない。

あとは、社員のレベルの違い。

これも間違いないです。

但し、これは「素質」ではなく「教育環境」の違いだと思います。

大企業は研修・教育環境が整っています。

中小企業は社員教育すらしていない所が多々あります。

社員教育というのはとても重要だと思います。

なぜなら、その働いている人たちに教育を施さないと、本人たちはずっと低レベルのままで一生を終えてしまいます。

そうなると、転職もできず、働く楽しみも得れずつまらない人生になってしまいます。

この世に生まれてきて、教育環境が悪く、人生棒に振る人がいかに多い事か。

最近強く思う事は「人の教育は企業の義務」と言う事です。

中小企業は大企業ほど賃金UPは出来ません。

働いてくれる人たちへの報酬は、お金だけでなく「成長できる自信の提供」じゃないでしょうか?
(あとは夢!)

「成長出来るというゆるぎない自信」は、一生持てる資産です。

ですので、私も含め中小企業経営者は、自社の社員に出来る限りの教育環境を提供すべきと思います。

社長が飲みに行くのもいいですが、その3割程度を教育費に当てた方がいいと思います。

社員さんが伸びれば会社が伸びます。

会社が伸びれば全員の給与も増えPRIDEがもてます。

そして、社長はそれ以上伸びていかないといけないわけです。

つまり、社長と社員、共に育成ということで「社員共育」と思っています。(社長と社員が共に育つ)

ご興味あれば下記が弊社WEBサイトです!↓


わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

不動産会社様向けメルマガはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社員共(教)育
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2013年4月

月極駐車場看板(満車・空車)

さて、日曜日のブログは本業の不動産向けのぼり・看板の紹介です!

今日は表題の通り不動産で良く使う「月極駐車場看板」!

ですが、満車・空車を変えれるようになっています。

まずは、月極駐車場が埋まってない時は「募集中」

そして、月極めが埋まると

からくりは、満車プレートをねじで止めると言う仕組みです

裏はナットで固定です!

いかがでしょうか?

これで看板を使い回せるので、コスト削減できます!

サイズ:60×45センチ
1枚  10000円程度
※デザイン代別 5000円

ご興味あれば下記が弊社WEBサイトです!↓


わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

不動産会社様向けメルマガはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 月極駐車場看板(満車・空車)
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

月別アーカイブ: 2013年4月

会社は公器。執着を無くす

会社は公器と言います。

公器とは、「公共の役に立つもの」と言う意味です。

会社と言うのは、創業者の熱い想いでスタートします。

その思いはどちらかというと「お金」「モノ」であったりします。

その後「何故自分は会社を作ったのだろう?」と疑問になり、理念やVISION・MISSIONを作ります。

その理念やVISION・MISSIONに人が集い、目的・目標を共有します。

この時点で「会社は社長のもの」だけではなくなります。

但し、社長は借入時に「個人保証」をしているので、どうしても自分の会社だ!と思ってしまいます。

ですので、「会社を俯瞰」できる「心のあり方」「心の成長」が必要になってくると思います。

一番大事な事は「執着を無くす」と言う事ではないでしょうか?

執着を無くすと心が楽になります。

結果、全てが良い方向に向かうのだと思います。

ご興味あれば下記が弊社WEBサイトです!↓


わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら



福岡の経営者・起業家のDVD詳細はこちら

不動産会社様向けメルマガはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 会社は公器。執着を無くす
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]