【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

第4四半期のスローガンは?

11月より第4四半期が始まりました。

 

 

第3四半期までは毎月利益の波が大きく不安定だな~いう印象です。

 

粗利益率は抜群に上がり、粗利益額は増えてはいますが、点数つけるなら100点中20点くらいの出来ですね。

 

 

やはり
・季節変動型商品
・季節変動に左右される不動産系の仕事が多い
・見込み客を連れてくるWEB集客のコンバージョン数がまだ未達
・コンバージョン後の営業の受注プロセスが弱い
・自社の営業マンの経験が浅い
・営業プロセスを浸透しきれていない(対応が遅い)

など、課題だらけです。

 

正直「私個人の経営力」「社員のスキル」など課題以外思い当たらないです。

 

逆に20点つけたのは
・言い方悪いがこの戦力、この陣容でそこそこ戦えている。(新卒2年目・1年目がフロントに立って頑張っている)

というとこでしょうか?

 

 

表立っては分かりにくいですが第4四半期から、相当変化させています。

 

 

一番は「捨てまくりの術」です。

 

 

稼がない商品を見つけたので新規案件よりカットしています。
しかしこの商品は粗利益の3分の1もあるんです。
しかし手間が大きいので新規分よりご注文停止しました。

 

 

私としては、相当な決断でしたが、今のところ良い方向に向かっています。
一時的な利益の落ち込みも、胆力で受け止めるしかありません(笑)
※既存のお客様にはご迷惑をおかけしないようにその商品も滞りなく続行します。ご安心ください。

 

あとは、営業コストの削減で、訪問面談を減らしています。
当社の商品は合わなくても販売できますから。

 

 

効率化を進めて、経常利益率12パーセントを目指します。

 

 

実は、商品カットも訪問を減らすのも理由があります。

 

 

それは「スピード強化」を実現するためです。

 

 

その意味も込めて、第4四半期のスローガンは「SPEED! SPEED! SPEED!」です。
どこかで聞いたことないですか??

 

そう。

 

あの楽天さんの行動指針「楽天主義」より拝借しました。

 

 

仕事スピードを意識して、業務改善を行ってます。
また、意思疎通スピードや各個人のスキルも要求します(これからも要求します)

 

スピードが速い企業が生き残れるかわかりません。
が、スピードが遅い企業は間違いなく淘汰されるでしょう。
※これは個人も同じで仕事の遅い人は必要とされなくなります。

 

少し前にとある方がこう言っていました。
「スピードとは目に見える価値である」

 

 

そう。
人の1日は24時間しかない。
どんな偉い人でも24時間しかない。

 

 

スピードとはその24時間を増やせることである。

 

顧客の時間も増やせるし、自分の時間も増やせる。

 

これからの時代、最大の価値は「時間」です。

 

 

 

第4四半期のスローガン「SPEED! SPEED! SPEED!」に基づき人事評価も設計しました。

 

 

求めることは全てのスピード。
・業務スピード
・コミュニケーションのスピード
・意思決定のスピード
・取り掛かりのスピード
・納期のスピード
・見積もりのスピード
・・・・

 

 

業務スピードが速く、いち早く実行できた人を評価します。

 

 

そんなシンプル思考で最後の第4四半期を進めてます。

 

残りの3か月フルスロットル(なんか古臭い言い方だけど)で頑張ります!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第4四半期のスローガンは?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

リピート戦略を考える

2017年11月9日、だいぶ冬らしくなってきましたね。

当社も2017年10月は過去最高利益でした。アベノミクスの影響でしょうか??

 

さて、今後の日本は人口減少で、「新規集客」がより難しくなりそうなので、「既存客のリピート戦略」が今以上に重要になりそうですね。

 

 

当社でも、いろいろ模索しています。

 

 

毎年リピート戦略を考えているのですが、今回はオリジナルボールペンを作成して、新規でお取引が始まったお客様にお送りしています。

ファイル_000 (7)

コーポレートカラーのオレンジに統一しています。

 

 

弊社の女性社員からの反響は抜群でした。

 

もちろんこれらは、お客様にお配りするものですよ。

 

 

BtoBの会社さんでも、BtoCの会社さんでも、忘れられないことが重要ですね。

 

 

何か面白いリピート戦略をされている方ぜひ教えてください~(^^♪

※ちなみに当社ではボールペンなどのノベルティはお取り扱いしていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - リピート戦略を考える
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

見えないコスト

10月は創業以来最高の粗利額を達成しました。

 

それもほとんど社員でやっているので、いい形になってきました。

 

すごく嬉しいですね。

 

しかし!さらに改革を進めています。

 

5年で10倍の売上にするために、事業の再構築をやっているんですが、昔と違いなんとなく形は見えているんですよ。ぼんやりと。

 

そこに行くまでに余計なものが多すぎるんですね。ようやく気付きました。

 

具体的には
・商品幅が広すぎて利益に貢献しない商品が多すぎた
という事です。

 

 

エンドラインは完全ファブレスで委託工場で製造しているので、設備投資がありません。なので、商品は増えてもコストは上がらない!と思ったのですが、営業マンは商品が増えればそれに対して学ばないといけません。

 

まず、「学ぶ時間コスト」が上がります。

 
それだけでロスなのに、不得意な商品はさらにクレームを呼び起こします。

 

 

売れない商品ほどそういうトラブルを巻き起こしますね。
めったに扱わないもんだから、こちらもチェックポイントを分かっていないんです。

 

 

商品幅が増え、営業マンは覚えることが増え、教育コストがあがります。
さらに、多種多様な業務フローが社内に走り始め対応のスピードが遅れます。

 

結果他社競争に負けてしまったり。

 

 

結局は、商品が増えても見えないコストが上がるので利益を圧迫するんですね。

 

 

健康食品の単品通販ってよく出来てきますね。あれが理想です。

 

本当、いろんなクライアントにいろいろな商品を売ってはダメです。

 

 

クライアント絞り、商品絞るという原理原則が大事かなと思います。

 

分かっちゃいるけど、、、、

 

私も含め社長は新しもの好きで、行動力があるのでいろいろ飛びついて商品が増えていきますね。

 

気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 見えないコスト
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

捨てる。捨てる。捨てる。

うちの会社は社員数名の会社です。

 

現在はスタートアップ企業や上場を目指すベンチャー企業が入居するビルにオフィスを構えています。

 

パート・アルバイトいれると最大9名ですが、広さはなんと約10坪です。

 

 

以前社員4名で22坪にいたことがあったのですが、その時はモノが勝手に増えていきました。。

 

 

ものが増えると、管理が大変ですし、ごみも増えていくんです。

 

 

そして意味不明な経費が増えていきます。

 

 

なので、オフィスはぎりぎりの狭さがちょうどいいですね。

 

 

私は未来永劫、オフィスにはお金をかけません。
昔オフィスにビリヤード場など作って倒産した会社がありましたが、オフィスがきれい=社員のモチベーションアップにはなるでしょうが、社員のモチベーションアップ≠業績UPにはなりません。

 

 

話はそれましたが、うちのオフィスも相当余計なものが溜まってきたので
先週土曜日にごみ袋8個分くらい会社の備品を捨てました。

 

 

意外とみなさん余計な書類等持っているわけです。
「いつか使うだろう」と。

 

 

整理整頓の整理とは捨てること。
整頓とは分別して引き出しやすくすること。

 

 

なのでまずは整理からです。ガンガン捨てましょう

 

 

必要ではないものまで抱えている可能性があります。

 

 

捨てると新たに入ってくるものもありますしね。

 

 

年に数回断捨離はしたほうがいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 捨てる。捨てる。捨てる。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]