【偶然の出会いを演出するのぼり旗に命をかける】福岡のエンドライン社長山本啓一blog

物事を多面的に見る

物事は多面的に見る事。
最近心がけています。

例えば、わが社の商品である「のぼり旗」や「幕」「看板」。

これらは、
価格競争に巻き込まれやすい
差別化しにくい
同業他社が多い

とマイナス面がたくさんあります。

しかし、プラス面もあります
それは、誰にでも売りやすい商品である!という事です。

これはどういうことか?と言いますと。。。

ビジネスの横展開がしやすい。つまり、組織を作り会社を拡大しやすい。と思ってます。

コンサルタントや士業は「人に顧客が付きます」ので横展開の拡大が難しいです。

それにくらべのぼり旗はある程度誰でもいいのです。

こういうアナログ商品最近面白いです。

もちろん、そのまま販売していたらただのバカです。

今考えているのはこういう旧態依然とした業界で「ほんのちょっと努力する」「ほんちょっとイノベーションを興す」事で
いろいろなビジネスモデルが出来るものだと思います。

ずっとビジネスモデルを研究してきました。

大手・ベンチャー企業問わず数十パターンは頭に入ってます。

あとは組み合わせですね。

ですので、物事のマイナス面だけを見ないでプラス面も同時に見る癖をつけてます。

いけます!

これおススメです!難しいけど↓




わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら

福岡の経営者・起業家のセミナーはこちら

エンドラインの飲食事業部「大正倶楽部」はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 物事を多面的に見る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト