【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

なぜ?やるのか。何のためにやるのか。ゴールデンサークル理論

いきなりですが、この動画を見てください。
※スマホでは日本語訳が出ません。

これはサイモンシネックがやったTEDでのプレゼンです。

ゴールデンサークル理論と言って、WHY⇒HOW⇒WHAT の順で物事を考え、行動を起こしなさいという理論です。

何を売るではなく、なぜそれを売っているのか?

アップルやマーチン・ルーサー・キング、ライト兄弟を取り上げ、説明しています。

多くの人はWHAT⇒HOW⇒WHYの順で考えてしまうのでダメなのです。

このTEDのプレゼンを見て再度私も「なぜエンドラインは看板を売っているのか?」を再考してみようと思います。

自分で勝手に自問自答しようと思います。

とりあえず、、、、
何のために経営しているのか?
何のために利益を出すのか?
何のために理念共有するのか?
何のために上場したいのか?
何のために顧客を絞るのか?
何のために地域を絞るのか?
何のために商品を絞るのか?
何のために顧客を増やすのか?
何のために価値を提供するのか?
何のために差別化するのか?
何のために商品開発するのか?
何のために人材を採用するのか?
何のために会議をするのか?
何のために営業するのか?
何のためにサインをしているのか?

【告知】
10月1日火曜日 東京日本橋にて開催~営業改革、成功する企業と失敗する企業の違いとは~にてお話しさせていただきます。200名限定!

http://eigyo-talk.jp/lp/seminer_tokyo/131001.html

わが社の主力事業「のぼり・看板」はこちら


不動産事例のぼり・幕・看板はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - なぜ?やるのか。何のためにやるのか。ゴールデンサークル理論
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト