【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

決断は恐怖に支配されてはいけない

判断と決断に違いって何でしょう?

明確に答えれる方いますか??

7994390c05e617799d09ae4fe3fa3122_s

実は判断と決断 ―不完全な僕らがリーダーであるためにと言う本の中にこのような文章があります

『判断と決断の一番の大きな違いは、その時間軸にある。判断は過去から現在に起こった事柄について下すもの。
決断は未来に起こり得る事象に対して下すもの。』

 
『そして、出発点と終えたあとの状態が違う。判断をすべきときは、ことの大小はあれ、人が「混沌」の中にいるとき。
として、判断を終えたあと、ものごとはある指標・基準において整理された状態になる。
決断すべきときは、人が選択肢を前に迷っているとき。決断を終えたあと、人は新しい一歩を踏み出し、選んだゴールや方針に向けて行動を起こす。』

なるほど。。

判断は過去の整理。決断は未来への一歩。

なので判断は左脳・ロジカルだけど、
決断は右脳・直感です。

なので決断は「恐怖に支配」されがちです。

だって、分からない未来への決断なのだから。

恐怖に支配されない為には、今に集中して日々過ごしていくことが大事ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 決断は恐怖に支配されてはいけない
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト