【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

社員にどれだけ投資できるか?

これからの企業は規模の大小関係なく、
「社員にどれだけ投資できるか?」が問われる時代だと思います。

 

 

 

言葉は悪いですが、釣り上げた魚に餌をしっかりあげる企業が生き残ります。

 

 

 

既存社員の満足度を高め、働きやすい環境を作れる企業が生き残ると確信しています。

 

 

 

 

別にむやみやたらに給与を上げるという事ではありませんよ。

 

 

 

 

 

 

なぜ、そう思ったか?と言いますと、、、、

 

 

 

物事全ては「出口」を抑える事が重要だからです。

 

 

 

 

 

マーケティングで、新規獲得より既存客を大事にすることが重要なのと同じですね。

 
辞める人が異常に多ければ、いくら採用しても意味がありませんよね。

 

 

 

 

 

さらに辞める人が大量になると、転職掲示板などで、「ブラック企業」などと書かれ、採用自体が難しくなります。

 

 

 

 

ですので、新卒採用はやっていますが、お金をあまりかけません。
今後は既存社員の環境を良くして行こうと思います。

 

 

 

 

ただし、甘やかすのではなく、成長できる環境を作ります!
理念共有出来て、やる気があり、結果を出す人には心地よいシステムを作ります。
理念共有出来て、やる気があっても、結果が出ない社員も成長できるシステムです。
理念共有出来ず、やる気がなく、結果も出ない人には居心地の悪いシステムになるでしょう。

 

 

 

 

例に挙げると「研修制度」「評価制度」「キャリアパス」「労働時間の短縮化」且つ「高収益」です。

 

 

 

 

正直、零細ベンチャーでは、難しい事をやろうとしているのかもしれません。

 

 

 

 

ですが、時代の流れは変える事が出来ません。

 

 

 

 

その時その時に求められる事に対応して、変化しながら、結果を出していく。

 

 

 

 

それが経営者の役割だと思います。

 

 

 

 

 

そして何よりエンドラインのVISIONに「働きたい会社九州1位になります!」とあるのだから、やるしかありません!

 

 

 

2017年新卒採用はこちら

2018年1DAYインターンシップはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社員にどれだけ投資できるか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

メールアドレスが公開されることはありません。が付いている欄は必須項目です。

名前
メールアドレス
ウェブサイト