【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

カテゴリー別アーカイブ: 徒然

企業は出来る人に資源を投下する

とある方のブログにも書いてあったけど、企業というのは出来る人を伸ばす組織だ!と。

 

私も常々思うのですが、出来る人は人の時間を奪わないが、出来ない人ほどいろんな人の時間を奪う。

 

それってフェアじゃないのかな。と最近思います。

 

うちの会社は「働きたい会社世界一を獲得します」のVISIONを掲げていますが、本当に意味「(結果を出す人が)働きたい会社世界一を獲得します」という意味なんです。

 

ユートピアみたいな会社を目指しているわけではありません。

 

年齢・社歴に関係なく、今後も「出来る人」または「出来そうな人」に資源を投下して教育していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 企業は出来る人に資源を投下する
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 徒然

不動心

ここ数日、なかなかヘビーな事が起こり、かなり心が乱れていました。(事業とは全く関係ありません)

 

土日を挟み、ようやく平常心を取り戻しましたが、様々なトラブルで心が乱れるのはまだまだ修行不足だな~と感じました。

 

やはり心に深く根を張った「不動心」を持つ人でありたい。そう思いました。

 

ちなみに、田坂広志先生は「不動心」をこう定義しています。

「不動心」とは、
「決して乱れぬ心」のことではない。

「不動心」とは、
「乱れ続けない心」のことなのです

 

誰でも心は乱れますが、早急に平常心に戻れるのが「不動心」ですね。

 

 

今回の件で比較的早く平常心を取り戻しましたが、それはこんな言葉に気づきをうけたからです。
「人事を尽くして天命を待つ」
自分の全力をかけて努力をしたら、その後は静かに天命に任せるということで、事の成否は人知を越えたところにあるのだから、そんな結果になろうとも悔いはないという心境のたとえ。

 

そうそう。一生懸命やれば後は神のみぞ知る。です。いろんな事を考えても仕方ないですね。

 

まさに、いろいろな出来事で気づきが増え、人の心は強く、深くなり成長していくのだと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 不動心
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 徒然

創業の原点

先週からいろいろ気づきがあり、創業の原点に今一度戻ろうと決意しました。

 

先に先に進んでいる経営者の方々と会うと、さぼっていたなあと。

 

生活スタイルも原点の戻り、朝早く起き出社して将来のVISIONを考えていきます。

 

9f8c40cd231ea9457d76d5e850db6f80_s

 

やはり成長している起業家と触れ合うことは気づきを得れるので大事ですね。

 

私もまだまだ成長していきます。

 

うちの会社はこんな会社です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 創業の原点
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 徒然

確認します。目指します。じゃなく行動言語に!

人事評価制度「EWS」の運用が四半期終わりました。

 

「目標を自ら立て、それをクリアするため行動し、結果とプロセスに対して評価とフィードバックを行う」という一連の流れを四半期毎に繰り返します。

 

 

面談は四半期で2回行いますが、給与と連動しますので私も社員も真剣です。

 

 

その目標設定の中で「曖昧な言葉は使わない」としてます。
c38dbf84e08f8150d49ded7e11cff3d1_s

「○○という書類を確認します」
「××を共有します」
「△△を目指します」
は全てNGワードです。

 

 

確認しますは行動ではない。
共有しますも曖昧な言葉で目標として正しくない。
目指しますなんて思っているだけで行動ではない。

 

 

そのような目標は評価のしようがありません。

 

 

目標設定を添削していると、いかに毎日「曖昧で願望な言葉を使用しているか?」を理解しました。

 

 

会社で使う言葉は全て「実行する言葉」に変更しています。

「書類を確認して、1時間以内に電話する」
「共有ではなく、Google Driveに書き込む」
「目指しますではなく、やります。実行します。」

 

 

言葉を変えるだけで、目標は絶対達成されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 確認します。目指します。じゃなく行動言語に!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]