【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 徒然

心からの欲望と野望

最近人気アニメ「キングダム」を観ています。(以前はコミック、今はAmazonプライムです)

 

人気のある漫画ですので、見たことある人も多いでしょう。

 

 

主人公の「信」は、秦国で「大将軍になる」という野望を持つ男で、その立身出世していく様子を描いています。

 

 

 

さて、その「信」はなぜ「大将軍」になりたいのでしょうか?

 

 

 

 

実は漫画ではそのあたりの詳しい背景は語られていません。

 

 

 

 

勝手な推測ですが、理由はないのだと思います。

 

 

 

 

ただ単純に「大将軍になりたい!」と思い日々生きているのだと思います。

 

 

 

 

似たような漫画で言えば「ワンピース」もそうですね。

 
主人公のルフィは「海賊王になる!」と決めて生きています。

 

1a5b47e2ded196a3ada7a5204b9dfd57_s

 

 

 

 

経営を長年やっていくと、〇〇の為だけに経営していると勘違いします。
社員の為、顧客の為、〇〇の為、、、

 

 

それはそれで正しいのですが、もっと大事な事は経営者の、自分の奥深くに眠る「欲望」「野望」を解放させる事です。

 

 

 

私も15年経営をやってきて余計な知恵や経験がついていきました。

 

 

 

 

その知恵や経験が上昇志向の元となるエネルギーを奪っているなあと思う時があります。

 

 

 

私は「心からの欲望・野望に気づき、それを肯定する事」を行っています。

 

 

 

 

できるできないは関係ない。
やるかやらないかだと思います。

 

 

会社を大きくして、世の中のてっぺんから見える景色を感じてみたい。

 

 

 

ここ数か月はそういう想いで経営しています。

 

 

 

 

高橋歩氏の名言「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」が心に刺さります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 心からの欲望と野望
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 徒然

Bizread Fukuokaにてインタビュー掲載されています

7月1日発行のBizread Fukuokaにてインタビュー掲載されています。

 

 

 

65196722_1313084068845203_6841600250730250240_o

 

 

 

のぼり旗は昔からある販促ツールですが、なぜこの分野に特化しようと思ったのか。

 

 

当社で扱うのぼり旗の特徴。

 

 

今後の展開について。

 

についてお話ししています。

 

 

冊子も福岡一円に配布されていますので、ご覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Bizread Fukuokaにてインタビュー掲載されています
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 徒然

業者か?パートナーか?

当社は事業内容が他社と相見積もり比較されることが多い業界です。

 

 

 

しかし、最近はだいぶ減りましたね。

 

 

理由は簡単で「1000円安いくらいで相見積もり取るよりのぼり旗をさっさと注文して次の仕事に入ったほうが生産性高い」からです。働き方改革の影響もありますね。

 

 

 

最近何回も相見積する会社があり、途中までお付き合いしたのですが最後はズバッとお断りしました。

 

 

「他社が少し安いみたいでそれより下げれますか?」と。

 

「ごめんなさい」って感じですね。

 

相見積もりの繰り返しは当社だけではなく、競合他社にも申し訳ない。
結局何回も同じことして最安値を取ろうという気でしょうが、残念ながら私は全く興味がありません。

 

そこまでして仕事ほしくないですね。

 

 

当社の価値は
「お客様に売上の上がる提案や珍しい商品で差別化する提案」
「ご担当者が楽になる心地よい対応」を軸としているので、価格競争は一切行いません。

 

 

 

初回でベストな価格を出しているつもりですので、値引きも原則していません。

 

 

 

値引きするといつもひいきにしてくださる既存のお客様に申し訳ありません。

 

 

そのような価値をうまく伝えれていない弊社に一番問題があるのですが。。。

お客様で上手だなという方は値引きより違うものを当社から引き出します。
・手間のかかる仕事をお願いされる
・集客の相談・流行りの販促情報

など当社をうまく使いこなしていますね。

 

 

 

 

今の時代業者扱いすると業者から何も出てきません(むしろ適当に扱われます。)
逆にパートナーとして扱うと期待以上のものを出してしまいます。

 

 

 

 

弊社もそのあたり気を付けて、お取引するパートナーを業者扱いしないようにしています。

 

 

 

そもそも業者という言葉も禁止しています。

なんだか蔑んでいる言い方に聞こえて。

 

気づきは「自分がされて嫌なことは人にしないほうがいいな」と思いました。

※相見積もりがいけないとは思いませんが、露骨にやったり、嫌な気になるやり方は良くないなあと。相手がやる気になる相見積をすればいいのですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 業者か?パートナーか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 徒然

2019年あけましておめでとうございます。

謹賀新年!

今年もよろしくお願いします。

さて、今年の年越しはフィリピンセブ島で行いました。
人生初の海外年越し。癖になりそうです(^^♪

2018-12-31 11.07.46
2018-12-31 18.11.05
2018-12-31 18.33.28
会社の決算が一月末なので抱負を立てるというよりまだ終わってない!と言う感じですが、、、

 

 

 

2019年は、1人息子が小学6年生になるので、大切な時間を共に過ごしたいと思っています。あとは自分の健康管理。怪我や病気が増えてきてるので、そこはしっかり見直します。

 

 

 
仕事のテーマは2つ。
「感情に左右されない不動心」を掲げました。様々な決断をする際に余計な感情に引きづられたくないなと思いまして。なのでそうなる様な行動を、心がけます。

 

 

 

もう一つは「目の前の事を粛々とやり切る」です。先の事も大事ですが、今年一年、今月、今日一日を大事にしていきたい。大きなVISIONはあるのですが、伝える人伝える場所考えます。

 

 

経営者として一段上に高みを目指します。めちゃくちゃ仕事します。が、会社にいる時間減らします。
皆様にとっても実り多き一年でありますように。

 

2019年1月2日 山本啓一

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2019年あけましておめでとうございます。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]