【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

能力は無限かどうか?

久々の投稿です。

 

さて、なんか問題になりそうなタイトルですね。
「能力は無限かどうか?」という事について。

 

 

結論から言うと、「能力は有限」だと思っています。

 

 

正直「生まれ持った資質」「育ってきた環境」で8割決まっていると思います。
2割は努力ですかね。

 

 

では、「能力」で人生全て決まるのか?と言うとそうではありません。

 

 

「能力そのもの」と「能力を活かす事」は別物だからです。

 

 

能力があっても、それを活かせなければ活躍できません。
逆に能力が低くても、それを最大限生かせれば活躍が出来ます。

 

どうすれば活かすことが出来るのか??

 

2e8a977f81c2f1335e24c635992f48da_m

 

 

能力を活かすためには「人生において自分という人間を極めて客観的に知る事」が大事になります。

 

 

これは多くの人が全く出来ていません。
そういう私も半分は出来ていません。

 

 

私はそもそも自分を客観的に見る事が不得意でした。
例えば「成功経営者の話を聞くと俺もガンガンやるぞ~」とか「うまくいったやり方があったので私の性格に合わないけど取り入れてみるぞ」とか自分を知らないばかりに、自分に合わない経営をたくさんしてきました。

 

 

 

しかし、この1年くらいで自分に気づけるようになってきたので、精神的にすごく楽に経営をしています。

 

 

自分の能力の限界にも気づき、出来ない事は人にお願いするようになりました。

 

経営計画やVISIONも私の器で出来るスピードで構築しています。事業投資の打率も上がっていますね。

 

私は「孫正義」氏でもなければ「前澤友作」氏でもありません。
スピードで経営するわけでもないし、それが幸せだとも思っていません。(凄い経営者ですのでとても尊敬はしていますが)

 

 

私は私と言う唯一無二の人間であり、私しか出来ない経営スタイルや事業があると思っています。

 

 

自分に気づくというのは、人として、経営者として次のステージに行けるのだと思います。

 

 

だから、「自分は能力がない!」とか嘆かずに、「能力が有限ならどうするか?」

それを活かす為に早く自分自身に気づいてほしいと思います。

 

 

 

ちょっと難しい話でしたけど、懲りずにまた読んでくださいね。

 

 

 

 

2020新卒採用・中途採用募集しています。下記をご覧くださいね。
https://www.endline.co.jp/recruit/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 能力は無限かどうか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

辞める社員・入社する社員・在籍期間が長い社員

こんにちは。
エンドライン代表の山本です。

 

『辞める社員・入社する社員・在籍期間が長い社員』というセンシティブな表題です。

 

 

辞める社員について
当社は数年前まで、かなりの人が辞めていました。
このあたりをの記事を参考にしてもらえばいいのですが、本当よく辞めていました。
しかしながら、2~3年ほど前からぱったり辞めなくなり、社員が育っています。

 

 

「社員が辞める」時は正直なところ、瞬間的にイラっとする事もあります。(多くの経営者はそうだと思います)

 

しかし、冷静になると「さみしさ」がこみ上げてきます。
「さみしさ」を隠すための「イラっ」だったりするのです。

 

 

やはり会社にJOINしたからには、長く続けてほしい。
それを何らかの理由で「辞める」というのは相当寂しいものです。

 

 

最近は「社員が辞めると悲しい」ので、なるべく長く続けれるように、出来るだけ良い環境を提供しているつもりです。
昨年も誰も辞めなかったのが嬉しいですね。

 

 

 

 
入社する社員について
また、お陰様で毎年1名づつくらい入社してくる社員がいるので、とても嬉しいです。

 

 

 

今も名もなき会社ですが、15年前の創業期はもっと名もなき会社で、募集をかけてもなかなか人が集まらなかった記憶があります。

 

 

そういう経験をしているので、入社したいと言ってくれる人がいるのは純粋に嬉しいです。

 

 

4月から1名入社予定ですが、私のテレビ出演を見てからの即応募でした。
慎重に面談をした結果、両想いでしたので4月から入社することになっています。

 

 

 

 

在籍期間が長い社員
最後に長く在籍している社員ですが、これまた宝であります。
何より会社の歴史を語れるというのは、ありがたい事です。
長く働くというのは、なんらかコミットしておかないと難しいわけです。
役職とは別に在籍期間が長い社員は信頼をしています。

 

 

 
社員の在籍期間は・・
取締役含め全員で社員7名です。
取締役…約8年
経理事務…約10年
デザイナー…約11年
社内営業…丸3年
外回り営業…丸2年
マーケティング…丸1年
デザイナー2…中途採用6か月
そして4月に1名入社予定です。

 

 

 

小さくても強く、面白い会社を作っていきます。(適切に規模拡大しますよ)
当社の組織MISSIONは「働きたい会社世界一を創る」事ですから。

 

 

 

是非一度エンドライン株式会社に遊びに来てくださいね(^^♪

求人募集はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 辞める社員・入社する社員・在籍期間が長い社員
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

圧倒的1位

2月より14期が始まりました。

 

その2月。

 

いきなり過去最高粗利益、しかも今まで出した過去最高の粗利益の1.5倍をいきなり達成してしまいました。(かなりびっくり)

 

 

種を明かせば、大当たりした商品があり、それが下支えしました。なのでびっくりはしてますが浮ついてもなく、冷静にとらえています。

 

 

今年より創業期に戻るという事を徹底しています。

 

 

その一つは「ランチェスター戦略」を徹底して、商品を絞り込み、勝てる領域で戦うようにしています。
勝てるというより圧倒的1位を獲得できる領域です。

 

 

ランチェスター戦略で言えば「商品」「客層・業界」「地域」などを絞り込み1位を獲得するという事ですが、私は徹底したニッチ戦略をとっています。

 

 

WEBサイトを複数運営していますが、それぞれ圧倒的に勝てる1位を獲得するサイトにしています(または只今修正中)

 

 

例えば「のぼり旗日本一」はすぐには獲得できません。

 

 

ならば、メインストリームではなく、重点商品(レッドオーシャン)から少し外れたニッチなのぼり旗で1位を獲得します。
その積み重ねで総合してのぼり旗1位を獲得します。

 

 

更にその積み重ねで、販促物日本一位を獲得します。
エリアを展開してのぼりアジア一位→販促物アジア一位を獲得します。

 

 

 

 

大きなところを狙わず、ニッチの積み重ねで総合的に一位を獲得していきます。

 

 

こんな大事な戦略をペラペラ話していいのか?という事ですが、結論問題ありません。

 

 

なぜなら同業他社は出来そうにないからです。(喧嘩売ったかな?)

 

 

なぜ出来ないのか?

 

 

2つの理由があると思います。

 

1つは、エンドラインには「VISION」がある事。VISIONがあってこそ、そのような展開を目指しているわけです。もっというとMISSIONや企業理念があるからそのようなVISIONになるわけです(ここらで割愛します)

 

 

もう一つは、SPではなくOCを鍛えている事です(SPとOCはこちらをご覧ください)

 

 

SPはポジショニングなので、ある意味崩れやすい。(外的要因もある)

OCは内的要因なので崩れにくいと思っています。

 

 

なので、模倣されてもオペレーションで突き放していけるかなと感じています。

 

 

とはいえ、焦らずコツコツと利益を出し、投資を行い、適切に規模拡大を行っていきます。
もちろん、社員給与も少しづつ上げていきたいと思います。

 

 

 

何より社員の成長を感じることが出来、今後がとても楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 圧倒的1位
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

自分を知れば幸せな生き方が出来る

どこかの書籍の様なタイトルですが(笑)

 

その意味は、、、

1年半前から入っている経営者団体で、自分を省みる時間があるんです。

 

 

内観に近いものでしょうか。

 

 

そういう事を1年半も続けると、自分が何者か?が少しづつ分かってきます。

 

今までの自分はベンチャー感を出そうとしていた気がします。
まあ、背伸びと言うか自分らしくないと言うか。
〇年後△億!とかですかね。

 

ある時、私が会社をやっている目的はそこじゃない事に気づきました。

クレドに書いてある通り、ステークホルダーのhappyなんですね。

 

ベンチャー感を出すと、何かに縛られた感じで,

「仕事したい」というより「仕事しなければならない」感覚に陥ってました。

 

 

年明けより、ものすごく自然体で経営できるようになりました。

例えば
・大きな事は言わないようにしました。
・数年後の数値設定も頑張ればできる範囲にしています
・長期スパンで物事を考えるようにしました
・経営者として何が大事なのか?改めて理解が出来ました
結果、以前より幸せに経営出来ている気がします。

 

 

大きな事とは1,000億企業とか社員1,000人とかですかね。
本当言ったら、そんな規模の事業はやれないです。その器ではないし、やりたくないのもあります。大変そうで。
でも、自分が保てるだろうと思ってそういうVISIONを言っていました。

 

 

私の最大MAXは「100億・社員300人」だと思っています(それでも結構凄い。。)

 

 

数値設定や目標もわけの分からない掛け声ではなく、実現出来そうなものにしました。

 

 

今は「経常利益額」「1名あたり粗利益」「粗利益率」の3つを重視しています。
というかそれだけ見てけば十分。

 

売上とかどうでもいいです。あとは自然にBSが良くなるはず。

 

当面は経常利益額3,000万円を超える、そして経常利益額1億円を超える。
1億越えたら選択肢の自由が待っています。

 

 

そして社員数は増やさず、最低限の人数で回したい。

 

 

儲けて社員へ還元したい。

 

 

 

 

やはり、人は自分を知らなければ不幸になります。

 

 

明らかに不向きな事や器を超えた壮大すぎる事を追いかけると苦しくなります。
社長はよくても、社員はたまったものじゃありませんね。

 

 

自分の器にあった適正な成長が一番幸せです。

 

 

誤解なきように書いておきますが、以前より成長意欲が増してきています。
それは「MUST」な感覚から「WANT」になってきているからです。

 

 

今期は2月からですが、忙しすぎるほど仕事が増えていっています。

 

 

それでも「売上」は絶対追いません。

 

 

適切に成長をし、経常利益を残す経営をやっていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自分を知れば幸せな生き方が出来る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]