【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

自主性を重んじるのは教育の手抜き

よく「自主性を重んじていますので、うちの社員は自ら学んでます」という経営者がいます。

 

 

 

私が思うにその経営者は「社員に騙されている」と思います。

 

 

 

社員に騙されていると言うのは、変な言い方ですが、盲目的に社員を信じているだけで、自社社員のレベルが見えていないと思いますね。

 

 

 

社員が自主的に学ぶことはあると思います。
ですが、経営者が求めるレベルの学びが出来る社員は3%程度なんじゃないでしょうか?

 

 

要は自主性を重んじる教育なんて経営者の手抜きですよ。

手・抜・き

 

 

私はある程度のレベルになるまで強制的な教育が必要だと思っています。

 

 

言葉は良くないですが「教え込んで何度もやらせる」事です。

 

 

宿題だして、何度も何度も繰り返す事。

 

 

弊社は今年から社外研修だけでなく、社内研修も充実させます。

以下3つの成長環境を整えました。

 

・エンドライン塾…社長と古株社員が中心となって毎月1回自社にセミナー。デザイナーはデザインの事とか社内に教えます。大学生参加可能(無料)

 

・次世代リーダーキャンプ…入社3年以内の社員限定。社長が講師となり、ディスカッションをしながら年間で心構えやマーケティングなど学ぶ。若手だけで懇親会も開催。大学生参加可能。(無料)

 

・指定図書読書…社長が指定した本を配布。毎月1冊読んで、学びをプレゼンする。

 

 

正直、社員研修すると営業時間が減り、コストが増えます。

 

 

ですが会社の未来と社員のキャリアを考えると、絶対やるべきと思いました。

 

 

それにより会社も成長しますが社員が成長して、その人の人生がより良きものになります。

 

 

また経営者には社員の人生をより良きものにする義務があると思っています。

 

 

ですので、最初は強制でもおしつけでもティーチング的な教育が必要だと思います。

 

 

学ぶ大切さ、楽しさが分かるまでは強制で構いません。成長しだすと楽しくなりますから。学びが。

 

 

 

今年は既存社員を教えてレベルを上げ、信じて任せて行きます。

 

 

成長したら逆に自主性を重んじて行こうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自主性を重んじるのは教育の手抜き
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

人生の目的とは?

一昨日1月8日でとうとう44歳になりました(^^)/

 

 

早いもので生まれて44年も経ちました。中年まっしぐらです!

 

 

小学校でいじめられたことや、中学生のバスケ部で万年補欠だったこと、高校生の時Sさんにフラれたことがつい最近の様に思えてきます。

 

 

 

大学は真面目だった事の反動により自堕落になり、中退。そのまんまフリーターから福岡吉本興業で芸人になりました。月2回の舞台は緊張したけど、ウケた時の嬉しさがつい最近の様に思えてきます。

 

 

 

その後フリーターから27歳で初めて社会人になりました。そこで看板の事を学びました。
ノルマが厳しく何度も嘔吐しながら出社していたのをつい最近の様に思えてきます。
4年半働いた後、31歳で起業。社員が辞めたり、事業そのものに悩んだ時期もあった13年。

 

 

いろんな方と知り合い、支えていただき今があります。

 

 

 

少し前まで人生の目的を深く考えた時期がありました。

 

 

 

何で人は生き、死ぬのだろうか?と。(ちょっと真面目か・・(‘_’))

 

 

 

私は今まで大病などしたことがなかったし、両親も健在なので、死ぬ意味を考えたことがありませんでした。

 

 

 

しかし、尊敬する経営者から「いつも余命3か月から考えろ。そうすれば変わる」と教えていただいてから、「死生観」の点より人生が見れるようになりました。

 

 

仕事の時間・夜息子と風呂入る時間・家族で食事をする時間・息子を抱きしめて寝る時間全て大切に思えます。

 

 

そして、この年になって分かった事があります。

 

 

人生に目的なんかないんです。

 

 

こうなったら成功とか、こうなったら幸せという目標は掲げた方がいいですが
実はその目標に向かっている毎日が一番幸せであり、人生そのもののような気がしてます。

 

 

恋愛や結婚、仕事や趣味。
全てに喜んだり悲しんだり、笑ったり泣いたり。

 

 

それ自体が人生なんだろうなあと思います。

まさに人生は映画の様だと思います。

 

 

私は「人間万事塞翁が馬」という諺が大好きです。

 

 

いろんな人生があっていいんじゃ~(千鳥ノブ風)と思います。

 

 

悪いと思ったことが良かったり、良いと思ったことが悪くなったり。

 

 

 

 

 

見通せないとこも人生の面白さなんでしょう。

 

 

残りそう多くない人生。
大袈裟かもしれませんが、「何をこの世に残し、何を伝えるのか?」
私個人は楽しく生き、笑顔あふれる人を一人でも増やしていけたらいいなあと思います。

 

 

来年の45歳を健康で迎えれるようにしたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人生の目的とは?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

看板業界の問題点 その1

ふと思うと看板業界に携わり17年。

 

 

月日が流れるのは早いもんだな~と感慨深くなります。。

 

 

立ち止まって考えないと気づかなかったですが、この看板業界は問題点ってたくさんあるなあと改めて思いました。ですので今日はそれを書いてみようかなと思います。

 

 

ちなみに私はエンドラインという会社を率いてます。

 

 

私は職人でもないし、当社は工場もありません。

 

 

 

 

でも売上は伸びています。多分他の会社よりいろんな意味で良いと胸張って言えます。
こんな声も。
http://fukuoka-kanban.com/voice/archives/5
http://fukuoka-kanban.com/voice/archives/7

 

 

何故でしょうか?

 

 

 

それは、顧客の売上アップを考えて営業提案やヒアリング、デザインを行っているからです。

 

 

 

え~?そんなの当たり前じゃない!と思われるでしょうが、それがこの業界当たり前ではないのです。

 

 

 

看板制作会社の多くは、「料金が安い」、「注文を受けてから納品までの時間が短い」「自社工場」といった技術面でアピールをするところがほとんど。

 

 

エンドラインは違います!

 

 

これまでの豊富な経験とノウハウに基づき 「集客につながる」 看板を作ります。

170105endline_tuyomi

 

 

なぜこのような業界構造になっているのでしょうか?

 

 

それは「看板屋さん」が製造業だからです。

 

 

最近は「製造業」も少し変わってきましたが、やはり前述の様に「料金が安い」、「注文を受けてから納品までの時間が短い」「自社工場」などに拘っています。

 

 

この拘りの中に顧客が見えますか?または顧客のニーズありますか?

 

 

早いや安いは他社との差別化の一因ではありますが本質的な提供価値ではありません。

 

そもそも、看板というもは「集客」や「認知」をしたいというニーズで製作依頼をするのですが、それを受ける側の看板屋さんが「製造業」が故に「マーケティング」や「企画」「デザイン」の機能を持っていません、。よって上記の顧客ニーズを満たすことが出来ません。※日本の製造業の沈下と似ていると思います。価値ベクトルが顧客に向かっていない。

 

また、広告代理店は価格が高すぎるという事で、敬遠されてます。

 

 

反面私たちは、提案力を持ち、且つそこそこリーズナブルな価格で商品をお届け出来ており、顧客の問題を解決しています。

 

 

と偉そうに言ってますが、私は「製造」している看板屋さんをリスペクトしています。

 

 

ただ、もう少し「サービス業」になればいいなあと思います。

 

 

看板屋さんて子供が憧れる職業ですか?

大学生が就きたい職業に入りますか?

看板屋さんは高い志もってやってますか?

 

 

 

上記の問いに、ほぼNOが入ると思います。

 

 

弊社の女性社員が数年前新卒で入社した際お客様に言われた言葉
「なんでまた看板屋なんかに入社したの?」

 

その言葉が今も私の胸に突き刺さっています。

 

 

その時に思いました!魅力ある会社・業界にしたい!にしたいと。

 

最近になってようやくわかりましたが、看板は素晴らしいなと思っています。

 

 

街中にある面白い看板、オシャレな看板。目印になる看板。
街中で人と人をつなげるこ「看板の魅力」に取りつかれています。

 

 

エンドラインはこの業界をもっと魅力あるものにしたいと思います。

 

 

当社のVISIONは

「エンドライングループは働きたい会社世界一を獲得します!」です。

 

まずは私たちが魅力ある会社になり、このように情報発信を行っていきます。

 

お客様には看板で売上支援を行い、喜んでいただきたいと思っています。
さて、この看板業界には何をしようかな?と・・・一石投じようと思います。

今思案中です(^^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 看板業界の問題点 その1
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

人生は誰かに支援した分しか返ってこない

最近、気づいた事があります。

 

 

それは、「人生は誰かに支援した分しか返ってこない」という事です。

※とある経営者の方から学びました。

 

 

「利他の心」にも近いものですね。

 

 

気持ちの矢印がどこに向かっているか?

 

 

その矢印が自分への保身に向かっている人は、不幸になっています。

その矢印が他人への貢献に向かっている人は、幸せになっています。

 

 

私は別段、自己啓発が大好きなわけではありませんが、、、
改めて世の中を見るとその傾向出てるな~と思います。

 

 

 

ちなみにこの矢印の意味は「人がいい」とか「我儘」とかそういう部類の話ではなく、もっと深い根の話です。

 

 

 

 

自分が困った時は、助けを求めるのに、他人に助けを求められたら、突き放す。

 

 

 

 

で、厄介なことにそういう事に気づいていないんです。

 

 

 

だから気づきもしないのです。

 

 

 

多分一生不幸なまま終わるのでしょうが、仕方ないです。自分の人生は自分の心の選択により決めるものなんです。

 

 

 

やはり人生は「支援した分しか返ってこない」のです。

 

 

 

そして、それを求めてもダメ。人には良い意味で期待してはダメ。

 

 

 

それでもやはり、他人に貢献していくしかないと思います。

 

 

 

やはり人生は「支援した分しか返ってこない」のです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人生は誰かに支援した分しか返ってこない
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]