【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

展示会「SPORTEC for LEISURE&GAME」に出展します!

2019年も3分の1が終わりますね。

 

 

元号も平成から令和へと変わっていきます。

 

 

令和になってすぐの5月22日~24日に東京ビッグサイトにて展示会に出ます。
SPORTECと言う展示会で「スポーツレジャー&イベント向け施設づくり・運営サポート専門展 」です。

 
SPORTEC for LEISURE&GAME_logo_color

 

 

平たく言うとスポーツに関わる展示会です。

 

 

 

2019年は2月に店舗販促エキスポに出展し、5月はこのSPORETC、そして6月にも東京ビッグサイトで展示会が控えています。

 

 

 

↓そのときの写真!
2019-02-01 22.20.58

 

 

さて、エンドラインとスポーツ関係どう関係あるんだよ?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

実は、当社はプロスポーツの会場装飾物を作成している会社でもあるのです。

 

今いろいろと経営問題で大変ではありますが「ライジングゼファーフクオカ」様、日立が母体の「サンロッカーズ渋谷」様、九州ば元気にするばい!の「九州プロレス」様など数えるとキリがありません。

 

 

IMG_9625

 

 

他のスポーツやチームにも貢献できるのではないか?そう思い、出展をする事にしました。

 

 

 

今年はガンガン広告投資をしていきます。

 

 

 

 

入場に2,000円かかりますが、招待状があれば無料で入れますので、当社までお問い合わせくださいね。

 

 

sportec2019LEISURE&GAME_color_300_70

 

 

展示会名

スポーツレジャー&イベント向け施設づくり・運営サポート専門展SPORTEC for LEISURE&GAME

 

 

会 期

2019年5月22日(水)、23日(木)、24日(金)

 

 
会 場

東京ビッグサイト 西ホール

当社コマ番号 E-050

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 展示会「SPORTEC for LEISURE&GAME」に出展します!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

人材育成は長期思考

あっという間に1月2月3月が過ぎ、4月になりました。

 

新元号令和も発表されて、何かウキウキしますね。

 

弊社ではこのようなのぼり旗も作成しています。

 

平成はサヨナラ。令和はこんにちは。
190402reiwaheisei

 

 

 

1枚2,500円(送料別途・竿・台別途・税抜き)で販売しています。詳しくはコチラを。

 

 

さて、ココ数か月,私は変化しています。

 

 

今までは「大きなVISIONを掲げ、そこに到達するんだ!」と言う号令でやっていました。
なんだかしっくりきませんでした。

 

 

今も、将来VISIONは掲げてますが、どちらかと言うとここ1~3年を見て手を打つようにしています。

 

 

戦略は短期思考にしています。

 

 

将来像をイメージするのも大事ですが、これだけ流れが早いと3年以上先を見据えても意味がないですね。

 

 

目の前の事を積み上げるようにした結果、売上は増大しています。

 

 

しかし、そのような短期志向の中で、一つだけ長期思考をしているものがあります。

 

 

それは「組織」「人材」です。

 

 

ここだけはじっくり腰を据えて育成する。そう決めています。

 

 

以前は「入社したらすぐ戦力化させる」と思っていました。
その結果、過剰な期待となり疲弊して人が辞めていっていきました。

 

 

今でも早期戦力化はさせますが、昔と負荷が違いますね。

 

 

ここ数年は誰も辞めていません。

 

 

辞めないのが良いのか?悪いのか?はその会社の価値観なので何とも言えませんが
私は「良い事」だと思っています。

 

最近は育ってきた先輩社員がしっかりサポートし、面倒をみてくれています。

 

優しい社員が多いので、自分の仕事の手を止めてでも、他の人の仕事を手伝ってくれます。

 

そんな社風は私が見ても素敵だなと最近微笑ましく思います。

 

 

やはり企業は人が育たたないと、業績も上がっていきません。

 

 

私は目的や意味付けの必要性がないくらい「仕事を楽しく」したいと思っています。

 

 

 

 

それぞれ仕組化をしていくことにより、社員が楽に仕事ができる事になります。

 

 

 

苦労をするのは「仕組作り」の部分であり、業務は楽をしなければいけません。

 

 

 

まだまだ道半ばのくそ零細企業ですが、私らしく安定的に着実に成長していきます。(年間120~130%は伸びるつもりです。それが私のちょうど良いペースです。)

2020年新卒採用はこちらより https://www.wantedly.com/projects/289945

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人材育成は長期思考
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

能力は無限かどうか?

久々の投稿です。

 

さて、なんか問題になりそうなタイトルですね。
「能力は無限かどうか?」という事について。

 

 

結論から言うと、「能力は有限」だと思っています。

 

 

正直「生まれ持った資質」「育ってきた環境」で8割決まっていると思います。
2割は努力ですかね。

 

 

では、「能力」で人生全て決まるのか?と言うとそうではありません。

 

 

「能力そのもの」と「能力を活かす事」は別物だからです。

 

 

能力があっても、それを活かせなければ活躍できません。
逆に能力が低くても、それを最大限生かせれば活躍が出来ます。

 

どうすれば活かすことが出来るのか??

 

2e8a977f81c2f1335e24c635992f48da_m

 

 

能力を活かすためには「人生において自分という人間を極めて客観的に知る事」が大事になります。

 

 

これは多くの人が全く出来ていません。
そういう私も半分は出来ていません。

 

 

私はそもそも自分を客観的に見る事が不得意でした。
例えば「成功経営者の話を聞くと俺もガンガンやるぞ~」とか「うまくいったやり方があったので私の性格に合わないけど取り入れてみるぞ」とか自分を知らないばかりに、自分に合わない経営をたくさんしてきました。

 

 

 

しかし、この1年くらいで自分に気づけるようになってきたので、精神的にすごく楽に経営をしています。

 

 

自分の能力の限界にも気づき、出来ない事は人にお願いするようになりました。

 

経営計画やVISIONも私の器で出来るスピードで構築しています。事業投資の打率も上がっていますね。

 

私は「孫正義」氏でもなければ「前澤友作」氏でもありません。
スピードで経営するわけでもないし、それが幸せだとも思っていません。(凄い経営者ですのでとても尊敬はしていますが)

 

 

私は私と言う唯一無二の人間であり、私しか出来ない経営スタイルや事業があると思っています。

 

 

自分に気づくというのは、人として、経営者として次のステージに行けるのだと思います。

 

 

だから、「自分は能力がない!」とか嘆かずに、「能力が有限ならどうするか?」

それを活かす為に早く自分自身に気づいてほしいと思います。

 

 

 

ちょっと難しい話でしたけど、懲りずにまた読んでくださいね。

 

 

 

 

2020新卒採用・中途採用募集しています。下記をご覧くださいね。
https://www.endline.co.jp/recruit/

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 能力は無限かどうか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

辞める社員・入社する社員・在籍期間が長い社員

こんにちは。
エンドライン代表の山本です。

 

『辞める社員・入社する社員・在籍期間が長い社員』というセンシティブな表題です。

 

 

辞める社員について
当社は数年前まで、かなりの人が辞めていました。
このあたりをの記事を参考にしてもらえばいいのですが、本当よく辞めていました。
しかしながら、2~3年ほど前からぱったり辞めなくなり、社員が育っています。

 

 

「社員が辞める」時は正直なところ、瞬間的にイラっとする事もあります。(多くの経営者はそうだと思います)

 

しかし、冷静になると「さみしさ」がこみ上げてきます。
「さみしさ」を隠すための「イラっ」だったりするのです。

 

 

やはり会社にJOINしたからには、長く続けてほしい。
それを何らかの理由で「辞める」というのは相当寂しいものです。

 

 

最近は「社員が辞めると悲しい」ので、なるべく長く続けれるように、出来るだけ良い環境を提供しているつもりです。
昨年も誰も辞めなかったのが嬉しいですね。

 

 

 

 
入社する社員について
また、お陰様で毎年1名づつくらい入社してくる社員がいるので、とても嬉しいです。

 

 

 

今も名もなき会社ですが、15年前の創業期はもっと名もなき会社で、募集をかけてもなかなか人が集まらなかった記憶があります。

 

 

そういう経験をしているので、入社したいと言ってくれる人がいるのは純粋に嬉しいです。

 

 

4月から1名入社予定ですが、私のテレビ出演を見てからの即応募でした。
慎重に面談をした結果、両想いでしたので4月から入社することになっています。

 

 

 

 

在籍期間が長い社員
最後に長く在籍している社員ですが、これまた宝であります。
何より会社の歴史を語れるというのは、ありがたい事です。
長く働くというのは、なんらかコミットしておかないと難しいわけです。
役職とは別に在籍期間が長い社員は信頼をしています。

 

 

 
社員の在籍期間は・・
取締役含め全員で社員7名です。
取締役…約8年
経理事務…約10年
デザイナー…約11年
社内営業…丸3年
外回り営業…丸2年
マーケティング…丸1年
デザイナー2…中途採用6か月
そして4月に1名入社予定です。

 

 

 

小さくても強く、面白い会社を作っていきます。(適切に規模拡大しますよ)
当社の組織MISSIONは「働きたい会社世界一を創る」事ですから。

 

 

 

是非一度エンドライン株式会社に遊びに来てくださいね(^^♪

求人募集はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 辞める社員・入社する社員・在籍期間が長い社員
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]