【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

努力は裏切らない

私は努力出来る人間が好きです。

 

手前みそですが、息子も「おとんは努力家」と言ってくれます。

 

もちろん、まだまだ目標からは遠く、名にも実現できていないので反省の毎日です。

 

 

当社も社員成長を掲げているので、それを測るために昨年から社内テストを行っています。

 

 

営業の事であったり、理念の事であったり。

 

 

正直な話、座学を覚えたから成績に結び付くかどうかは分かりません。

 

 

ただ一つ言えるのは、「上司の信頼を勝ち取ること」ができます。

 

 

テストなんてものは努力すれば点は取れます。

 

 

この努力したという事が信頼につながっていくんです。

 

 

今日も社内でテストをしたら、一年目の社員がダントツでした。
満点じゃないのは残念ですが、努力の跡が少しは見えました。

 

 

結果は水物ですが、努力は再現できます。

 

 

この再現できる。が信頼につながります。

 

 

仕事の内容は違ってもこのレベルの努力はしてくるな。と計算できるんです。

 

 

再現性が担保されますね。

 

 

努力は裏切らないです。くどいようですが、結果は水物です。が、信頼は勝ちとる事が出来ます。

 

 

信頼を勝ち取ると良い仕事がどんどん回ってきます。

 

 

そして、成長サイクルに入っていくのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 努力は裏切らない
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

エンドラインの事業価値は何か?

当社エンドライン株式会社は、福岡の小さなのぼり屋さんです。

 

周りのベンチャー企業に比べて、どでかい社会的課題解決をビジネスとしているわけではありません。

 

結構その辺りがコンプレックスで深く考えていたのですが、ここ最近すっきりしました。

 

少し前の・・とある方の講演の話。

 

上場する企業には大きく分けて3つの価値がある。
1、社会課題の解決を行う企業
これはバイオや製薬、ソーシャルベンチャーなど社会の大きな困りごとを解決していく企業です。
エンドラインはこれではないなと。

 

2、グローバルで活躍する又は活躍しそうな企業
ユニクロやソフトバンクなどこのグループに入るのでしょう。当社も世界には出たいですがまだ早い。
いずれはですが、まだ基盤が弱すぎます。

 

では、エンドラインの価値って何だろうと考えたとき、最後の3つ目が出るんですね。

 

 

3、1、2どちらでもないが顧客のニーズを着実に拾っていく企業
そう。
これです。
これをやります。

 

派手じゃないけどしっかり顧客のニーズを拾う企業。まずはそこを徹底的にやりきります。
既に事業の再構築は行っていて、看板施工関連は新規客の受注を完全停止にしました。(既存のお客様はやりますよ!納品物もやります!)

 

工事関係って私たちのコアの強みではないです。またやるべきではないです。

 

私たちが一番貢献できるのは創業商品の「のぼり旗」です。

 

顧客のニーズは何か?徹底的に調査して勝てると思ったので、再度のぼり旗で日本制覇します。

 

そのあとは世界に出ます。

 

そして最後に、社会課題の解決を行うメガベンチャーになります。

 

そこまで、しっかり頭の中で見えてます。

 

まずは「顧客のニーズを着実に捉え」5年で10億の売上をたたき出します。

 

そして、哲学である社員のhappyを実現します。

 

私にとっては、大きな社会課題の解決より、小さいけれど目の前の社員を幸せにすることの方が大事です

※弊社の幸せの定義は「成長環境」「経済的な還元」の事です。詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エンドラインの事業価値は何か?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

結果を追い求める

本日より第12期が始まりました。

 

5年で10億の目標を掲げている、初年度です。

 

今年度は初心に戻りめちゃくちゃ働こうと思っています。

 

まあ、創業と違いメンバーもいるので働き方は違いますが、とにかく仕事スイッチを切らないで進みます。

 

自分にも厳しくしますが、会社の環境も厳しくします。

 

まずは目標必達が全て。

その為には良いプロセス・アクションが必要です。
営業でいえば量の最大化と質の確保。その両方を求めます。

 

 

私は

結果を出した人にチャンスと更なる教育を与える。
結果を出せていなくても、日々のプロセス・アクションを徹底していればこちらはあきらめない。
ただし、結果も悪くて、プロセス・アクションもしないなら、そもそも面倒見ませんよ。お好きにどうぞ。

と言っています。

 

 

今年はライザップではないですが、結果を徹底的に追求しますし、社員にも求めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結果を追い求める
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

11期目終了

昨日でエンドライン株式会社、おかげ様で11期目が終了しました。

 

個人事業も含めると13年終了しました。

 

まあ、毎年話しているのですが、求めている結果からはほど遠くて、全く納得がいっていません。

 

毎年粗利益は増えていますが、もっと伸ばしたいと思います。

 

会社を伸ばす理由は明確で、世の中にもっと影響力を与え、より良いサービスを行っていきたいからです。

 

会社が成長しないと、やれる事も限られてきます。

 

12期は創業期に戻ったのか?というくらいターゲット×商品×エリアを絞って活動します。

 

12期の前半は、事業を見直し、再構築、後半は展開をしていきます。

 

そして、しっかり結果にコミットしていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 11期目終了
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]