【のぼり・看板・幕に新たな付加価値を】福岡市のベンチャー企業:エンドライン社長山本啓一のブログ

社長が引っ張るべし

「うちの会社はお陰様で社員のお陰で・・・・」と言われる社長さんはとても多いのですが、
私はこの言葉を聞くと「何を無責任な・・」と思うときがあります!
※大手企業がは別です。また、狙った社員への感謝・リップサービスは別です。

 

本来は(言うべきじゃないけど)、会社が上手くいくのは社長の実力だと思います。

 

 

特に社員数20人以下の小さな会社は。

 

 

確かに頑張って働いてくれる社員さんがいるから、そういう言葉がでるのでしょうが、
本当は社長の正しい理念があり、戦略があるから勝てているのです。

 

年商30億以下だと、社長9割・その他1割ぐらいの成功要因比率じゃないでしょうかね?

 

なので社長が一番勉強(投資)をして、実行して、失敗して、また学んで、次に成功して・・・
会社を伸ばす責任があるのだと思います。

 

そして、どの会社でも経営の目的は「社員を幸せにする事」だと思います。

 

 

社員のお陰なんて言うのは100億越えてからでいいと思います。

 

 

「自分が引っ張り上げ、社員の尻たたいて高みを目指す!」くらいの気持ちでベンチャービジネスに臨まないとダメかなと最近思います。

 

 

だから、当たり前だけど責任も全て取る。

 

 

私なんて弱くて不完全な人間だから、社員のお陰だと言うと、責任も被せそうなので、今は自分の実力でやっている!と敢えて思う様にしています。(もちろん社員はとても頑張っていますし、感謝もしています。ただお陰でとは言わない)

 

決して奢っているわけでもなく、ただ純粋に良い会社を作りたいから、そう思うだけなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社長が引っ張るべし
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

意識して広げる

この1年敢えて事業や商品を広げてみました。

 

と言っても、MISSION通り広告業という枠組みの中での話ですよ。

 

 

で、いろいろやってみましたが、とてもしっくりくるビジネスってやはり本業の看板系なんですよね。

 

そこから自然派性したものなら、なんとなくしっくり来ます。例えば、採用・展示会ブースの装飾や
チラシ・ノベルティなど。

 

 

あとはどのように展開するかだけなので、再度エンジンかかりそうですね。

 

やはり意識して商品などを広げることも必要だと思います。

 

 

7・8・9月と調子がいいのでさらに加速させていきたいと思います。

 

10月はセミナーと今日の岡三証券本社で証券関係者向けにプレゼンもあります。

 

少しはまともなVISIONが見せれそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 意識して広げる
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

成功するのは運だが失敗するのは実力

私はあえて「繁盛していないお店」に行くことがあります。

 

本日も熊本のとある閑古鳥が鳴いてそうな回転すしに行きました。

 

 

13時半でしたが、本当に閑古鳥が鳴いていました(笑)

 

 

原価を気にしてなのか、ほとんど寿司が流れていませんでした。

 

 

また、接客も元気なく、機械装置も一昔前・・・。

 

 

こんなんでは誰も行きませんね。

 

 

ダメになる企業というのは、ダメになる理由があるのだと改めて思いました。

 

 

成功するのは運だが失敗するのは実力。

野村監督的に言えば「勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし」

負け戦には理由がありますね。

 

3fe936715855da4ba00f0da5433d36b4_s

良く視察に行く場合繁盛店や伸びている企業に行きますが、学びたいならその逆がいいです。

 

 

繁盛していなお店や下降気味の会社に訪問した方が学びになります。

 

 

成功した経営者より失敗した経営者に聞く方が学びになります。

 

 

ただし、悪い運がつかない様にそこそこにしたいものですね(^^;)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 成功するのは運だが失敗するのは実力
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

学歴と仕事は関係あるのか?

巷でよく言われる「学歴」と「仕事」の関係について。

 

 

みなさんはどう思いますか?

 

 

大学を中退した私が言うのも憚りますが。。

 

 

結論から言うと「関係性はある」というのが私の持論です。

 

 

 

「勉強が出来て、論理思考が出来るから、仕事が出来る」と短絡的に考えているわけではありません。

 

 

 

 

実は学歴というより、スポーツや芸術でもいいのですが、同じ事に対して長期間努力できる素質が必要です。

 

 

 

古今東西いろいろな人が言っていると思いますが
努力できないと良い大学には受からないわけで、その努力できるスタンスこそ素質」なのだと思います。

 

 

なので、「高学歴=仕事が出来る」という単純な構図ではなく、「高学歴=努力できる人材=仕事が出来る人の確率が高い」と言う構図になりますね。

 

 

 

「スポーツで全国制覇」や「一芸に秀でている」も同じ理屈だと思います。

 

 

 

採用8割・教育2割だと思います。

 

 

 

料理と同じでまずは素材が大事。

 

 

 

採用の失敗を教育で取り戻すのは難しい。

 

 

決して「育成出来ない」という事ではなく、素材により育成時間が変わってきます。

 

 

 

 

中小零細・ベンチャー企業は「早々に戦力化しないと会社の存続」すら危うくなります。

 

 

 

当社も更なる良い人材の獲得に向けて、採用の流れや方法を本質的に見直していきます。

 

・インターンの在り方
・新卒採用の方法
・中途採用の再開
・教育方法
・求める人材像など
の全見直しをやって行きます。

 

 

何かに努力した経験、それを成功させた自信。

 

 

 

学歴だけで選ぶのはとても危険。

 

 

ですが、「みんな(大手企業)がやっている事は案外正しい」のかもしれません。

 

 

学歴という事ではなく「長期間何かに努力したことがある、且つ結果を出した人材」を採用の理想像としていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 学歴と仕事は関係あるのか?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]