【のぼり旗に命をかける】福岡市エンドライン社長山本啓一ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 組織

対話にこだわる

対話にこだわる。

 

北朝鮮の話ではありません(笑)(笑えないですかね)

 

当社では、評価面談を四半期毎に行っていて、中間面談含めると年8回1対1でしっかり話しています。

 

さらに最近社長との1on1ランチ会を始めました。

 

評価面談はあくまで評価面談であり、仕事なのですが、
1on1ランチ会はややプライベート的な事も話します。

 

また日頃聞けない仕事の事や、ざっくばらんな事も。

 

大事な事は、人と人の信頼関係だと思います。
国際政治でもそうですよね?

 

187bda285dedd9c1e95922387b83ee05_m

 

 

 

 

母体となる、組織がぐちゃぐちゃだと戦略を推し進めようにも前に進みません。

 

おおよそ、社員と対峙できない社長は「びびり」だと思います。(私もその部類ですが)

 

何を言われるか分からないし、どんな要求が出るか?分からないですもんね。

 

 

最近は「社員と飲みにいかない」「一部の幹部としか話さない」など流行りの組織形態もありますが私はそれが出来ません。

 

 

和気藹々したいわけでもありません。

 

 

先ほど話したように、「戦略を推し進めたいときに組織が盤石じゃないと心理的負担も増え、時間も浪費するから」です。

 

 

 

私は変わっているのか?売上確保より先に、社内投資をする癖があります。
短期的には苦しい所もあるのですが、長期的には間違いのない投資だと思っています。

 

 

 

今年もあと2か月で終わりますが、来年も社員との徹底対話をやっていこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 対話にこだわる
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 組織

社員が1名でもいれば組織である

昨日、グロービス東京校でVMP3コマ授業を受けてきました。
※VMPについてはこちら

経営で一番大事なことは「顧客開拓」という事は間違いない事実ですが、最近は「組織マネジメント」も重要だと思っています。

 

崩壊する会社の多くは、必ず内部崩壊です。

 

もちろん、顧客からしか売上は立たないのですが、その売上をアップさせるためには「良い組織」が必要になります。

 

弊社も評価制度に投資をしたのですが、いろいろな人から「なぜ今?」と言われました。
おそらく会社が小さいので「マーケティング投資が先だろう」と言う解釈をしたと思うのですが
私は「組織投資」の方が先だと思っています。

 

数年前まで人がどんどん辞めていましたが、組織投資(評価制度など)をしてからは辞めていません。

 

 

 

VMPでもこれだけ変化の速い時代ではトップの「ポジションパワー」だけでは厳しいと教えていました。

 

全員経営と言うと聞こえはいいですが、少なくとも現場で起きている事に関して「事実」と「解釈」(改善提案)の両方を速やかに上げることが重要です。

 

社員が1名でも社長が知らない事はたくさんあります。

 

やっかいなのは組織論は本を読んでも他人の話を聞いても、自社にそのまま落とし込むのが難しいのです。
それは企業は「社長の性格」や「生き方」が反映されているので、自社にカスタマイズしないと落とし込めないですね。

 

今後はマーケティング以上に組織と人材について、学んでいこうと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社員が1名でもいれば組織である
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 組織

起業して14年

昨日の2018年9月29日で起業して14年経ちました。

 

お客様、社員、そして家族に感謝です。

 

今の気持ちは?と問われると15年目は突き抜けます!としか答えれません。

 

 

終わった14年を振り返るのは、もう少しあとで。。。

 

 

しかし、昨日29日は全社員で食事会を行いました。
ヒルトン福岡シーホークの最上階「ともづな」のカウンターを貸し切り、美味しいお寿司とお酒を飲みました。

 

 

ヒルトン福岡!
2018-09-29 17.43.45

 

わがメンバー!
2018-09-30 07.50.32

 

 

寿司屋「ともづな」の新鮮なネタ
2018-09-29 17.55.10-1

 

喜ぶ(多分?)メンバー
2018-09-29 17.55.15
 

2018-09-30 07.50.52
 
2018-09-29 18.05.33
 
2018-09-29 18.17.27
 

2018-09-29 18.34.29 
2018-09-29 18.50.53 
2018-09-29 19.12.13
 

2018-09-29 19.31.54 

2018-09-29 19.48.21 

2次会はヒルトンのバーに!
2018-09-30 07.50.48
 
2018-09-30 07.50.53
 
2018-09-30 07.50.52-1 

10月よりまた頑張ります。

もっともっと良い企業になる様に。

「お客様」「社員」「支援者」様
いつもありがとうございます。

※エンドラインの理念・VISION・MISSIONはこちら
※エンドラインの採用情報はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 起業して14年
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

カテゴリー別アーカイブ: 組織

社員は育成する。幹部は見つける。

今日はややリアルな話を。

 

「社員教育と採用どちらが大事ですか?」と聞かれたことがあるのですが、私は迷わずに「採用」と答えます。

 

よくよく考えてみてください。

 

どこの企業も採用に力を入れてますが、それは「教育だけではどうしようもならない」裏返しです。

 

どれだけ優秀な人を採用できるか?が企業の生命線です。

 

 

素地の良くない人にいくら教育しても意味がないのです。(多少は伸びますが)

 

 

ズバッと書きますが、頑張れば幹部なれますというのは嘘です。

 

 

そもそも社員と幹部ではやる事が違うので、いくら現場力が高くても、「先を見通す力」や「コミュニケーション力」「理念共感力」がなければ幹部(部長クラス)にはなれません。

 

これらの力は先天性なものが強すぎて、教育ではほぼ不可能だと思っています。(多くの社長は口に出さないだけで思ってます)

 

 

では、教育は意味がないのか?と言うとそうではありません。

 

理由は2つあります

1つめは、幹部にならなくても現場で活躍できる力を身に着けさせる事。

2つめは、稀に(100人に1名いないかな)突然変異でグンと伸びる人が出る事。

 

後者は入社時点では分かりません。

 

突然変異なので急に何かに気づき変わります。

 

ただ確率は低いですよね。

 

私は社員は教育、幹部は見つけるものだと思っています。それが現実です。

 

幹部育成という言葉を見ると笑ってしまいます。

 

付け加えるなら、幹部は見つけて社長の側において常に頭脳をシンクロさせる事。

 

これにつきます。

 

それぞれが、それぞれの能力や持ち場で花を咲かせる仕組が大事なのだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 社員は育成する。幹部は見つける。
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]